「ホイールベース」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
自動車では[[トレッド]]が等しい場合、ホイールベースの数値を大きくすると車体の前後方向の揺れ([[ピッチング]])と蛇行([[ヨーイング]])が抑えられ、居住空間が拡大できるという利点がある反面、[[サスペンション]]からの入力に対する車体[[剛性]]の確保が難しくなる、小回りが効かなくなるなどの傾向が出る。この数値を小さくすると小回りに優れるものの、ピッチングやヨーイングが大きくなる傾向が出る。誤解を招きやすいが、'''ホイールベース'''が長い=コーナーリングが苦手となる訳ではない。
 
ホイールベースの外側、つまり車輪軸から車両端部までの距離を'''[[オーバーハング (自動車用語)|オーバーハング]]'''といい、前輪軸から前端部までの距離を'''フロントオーバーハング'''、後輪軸から後端部までの距離を'''リアオーバーハング'''、左右輪の中心から外側を'''サイドオーバーハング'''という。この3つの寸法は自動車の操縦安定性やハンドリングをも左右する要素となる(このほかに、左右輪の中心から外側の'''サイドオーバーハング'''とトレッド幅も関係する。)。乗用車においては、最近は、ホイールベースをなるべく大きく設定することで操縦安定性と居住性を確保する設計が主流となっている。ただし、運動性(回頭性)を重視する[[スポーツカー]]はこの限りではない(トレッドに対しホイールベースが短い)。また、前ドアの幅やドライブトレインの[[レイアウト]]によりオーバーハングの寸法が決定される[[大型自動車|大型]][[バス (交通機関)|バス]]では、ホイールベースが車体長と収容能力に影響する。
 
== 鉄道 ==

案内メニュー