「安達五郎」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''安達 五郎'''(あだち  ごろう、[[1913年]][[1月1日]] - [[1999年]][[9月13日]])は、1930年代に活躍した[[北海道]][[赤井川村]]出身の元[[スキージャンプ]]選手。
 
1913年、赤井川村で牧場を営んでいた安達正平(のちに第17代赤井川村村長)の5男として生まれる。旧制小樽中学(現:[[北海道小樽潮陵高等学校]])-[[鉄道省|札幌鉄道局]](札鉄)、[[伊黒正次]]は旧制小樽中学の同期生である。
旧制小樽中学(現:[[北海道小樽潮陵高等学校]])-[[鉄道省|札幌鉄道局]](札鉄)、[[伊黒正次]]は旧制小樽中学の同期生である。
 
オリンピックに2大会連続で出場、19歳で出場した1932年[[レークプラシッドオリンピック (1932年)|レークプラシッド]]では8位に入賞するも1936年[[ガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピック|ガルミッシュ・パルテンキルヒェン]]では45位と振るわなかった。1936年のホルメンコーレン大会では3位に入賞している
1936年のホルメンコーレン大会では3位に入賞している。
 
1935年第13回[[全日本スキー選手権大会ノルディックスキー・スペシャルジャンプ|全日本スキー選手権]]優勝。
 
1940年の[[札幌オリンピック (1940年)|札幌オリンピック]]が幻となり出征、戦後復員すると福岡県で妻の実家のてんぷら屋を継ぐ。1999年9月13日死去[http://www.nikkansports.com/jinji/seikyo1999.html]。亡くなる2ヶ月前まで店に立っていたという
1999年9月13日死去[http://www.nikkansports.com/jinji/seikyo1999.html]。亡くなる2ヶ月前まで店に立っていたという。
 
*== 参考資料 ==
**朝日新聞1999年10月7日付夕刊惜別欄
**赤井川村史
 
{{DEFAULTSORT:あ ごろう}}
[[Category:日本のスキージャンプ選手]]
[[Category:オリンピックスキージャンプ日本代表選手]]
[[Category:北海道出身の人物]]
[[Category:1913年生]]
[[Category:1999年没]]

案内メニュー