「拓務省」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
[[1896年]](明治29年)[[4月2日]]、[[台湾総督府]]を監督する目的で'''拓殖務省'''(たくしょくむしょう)が設置されて[[高島鞆之助]]が拓殖務大臣に任じられたが、行政整理により翌年の[[1897年]](明治30年)[[9月2日]]に廃止された(高島が同省廃止まで大臣を務めていた)。以後、[[内務省 (日本)|内務省]]が[[台湾]]事務を担当した。
 
だが[[日露戦争]]の結果、[[樺太]]・[[関東州]]を獲得し、[[朝鮮]]の保護権を確立したことから、1910年(明治43年)に内閣直属の拓務局が設置された。拓務局は[[大正時代]]には廃止・再設置・改称を繰り返していたが、外地統治・移民事業を担当するには拓務局では不十分であるとして、1929年(昭和4年)に'''拓務省'''が新設され、[[朝鮮総督府]]・[[台湾総督府]]・[[樺太庁]]・[[南洋庁]]の統治事務の監督、および海外移民の募集や指導を行うことになった。
 
しかし、省設置後に始まった[[満州事変]]以降に獲得した占領地は軍部が統治していて拓務省が関与できなかったこと、[[朝鮮総督府]]には直接の監督権がないなど、当初から問題点が指摘されていた。1942年(昭和17年)に[[大東亜共栄圏]]を包括的に管理する[[大東亜省]]が設置されると、拓務省は、[[大東亜省]]・内務省・[[外務省]]などに分割された。
241

回編集

案内メニュー