「原子力基本法」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
cat yomi, 丸付き数字置き換え
m (→‎基本構造: 民主・自主・公開の平和利用3原則)
m (cat yomi, 丸付き数字置き換え)
==基本構造==
*目的
原子力の研究開発、利用の促進(エネルギー資源の確保、学術の進歩、産業の振興)をもて人類社会の福祉と国民生活の水準向上とに寄与する
 
*原子力開発利用の基本方針。
平和の目的に限り、安全の確保を旨として、(1)民主的な運営の下に、(2)自主的にこれを行うものとし、(3)その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。(民主・自主・公開の平和利用3原則)
 
*推進体制
総理府に原子力委員会(推進)及び原子力安全委員会(規制)を設置する。
 
[[鉱業法]]の特例を定め、核原料物質の管理、核燃料物質の管理、特許発明等に対する措置、原子炉の管理、放射線による障害の防止措置を実施する。
 
==関連事項==
 
[[Category:日本の法律]]
 
 
[[Category:日本の法律|けんしりよくきほんほう]]
{{stub}}
9,089

回編集

案内メニュー