「高山啓義」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
[[2006年]]に[[カタール]]・[[ドーハ]]で行われた[[アジア競技大会|アジア大会]]の男子決勝[[サッカーカタール代表|カタール]]対[[サッカーイラク代表|イラク]]の主審を務めた。
 
2009年6月29日、[[セレッソ大阪]]対[[水戸ホーリーホック]]戦において、スローインを他の選手に代わろうとした[[香川真司]]に対して[[イエローカード]]を出すそぶりで威嚇した。<ref>[http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200906/29/socc221657.html] [http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=j2&genre=result&d=j2&t=result&y=NEW0100 Jリーグ公式記録 2009Jリーグ ディビジョン2 第24節第2日]</ref>
 
== 評価 ==
[[2004年]]頃までは不安定で不可解なジャッジ判定が多く、特に2003年シーズンは、開幕戦からしばらくの間、J1・J2含め主審を務めた試合で必ず一人退場者が出る事態が続いた。またカードを頻繁に出す傾向があり、2004年5月9日の[[清水エスパルス]]対[[セレッソ大阪]]戦ではJリーグ最多記録となる'''一試合13枚のイエローカード'''を提示し([[レッドカード]]2枚)、退場の回数が多いことで知られていた[[大久保嘉人]]から試合中に「落ち着いてやってください」と忠告さえされた(大久保はこの試合で退場している)。こうしたことからサッカーファンからは、同時期(2003年)にJ1主審となった[[穴沢努]]と並べて批判され、穴沢・高山両名の苗字1文字ずつを取って「穴山」と揶揄される時期があった{{要出典}}
 
穴沢や[[松村和彦]]らと同じく「多少のチャージやボディコンタクトは流す」傾向にあり、やたらと試合が止まる事の無いレフェリングが好評である。しかし、先述の2人と比べると「流しすぎ」の傾向にあると見る向きもあり、「このレフェリングを続けると怪我人が続出する」と危惧する意見も見られる。
 
== エピソード ==
*[[2007年]][[6月30日]]に行われた[[川崎フロンターレ]]対[[ヴィッセル神戸]]の後半、ファウルの判定を巡り、神戸DFと高山が小競り合いになった際、味方である神戸DFを突き飛ばしてまで制止した神戸FW大久保嘉人に対して、上記事件の軽い意趣返しのつもりか「大久保も随分とおとなしくなったもんだな」という言葉を投げかけた。
 
[[2009年]]6月29日、[[セレッソ大阪]]対[[水戸ホーリーホック]]戦において、スローインを他の選手に代わろうとした[[香川真司]]に対して[[イエローカード]]を出すそぶりで威嚇した。<ref>[http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200906/29/socc221657.html] [http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=j2&genre=result&d=j2&t=result&y=NEW0100 Jリーグ公式記録 2009Jリーグ ディビジョン2 第24節第2日]</ref>
 
[[2009年]]8月22日、[[柏レイソル]]対[[横浜F・マリノス]]において、横浜[[山瀬功治]]が相手DFに両手で抱え込まれて倒されたが、主審の高山に故意の転倒と判断され、2枚目のイエローカードを出され退場処分となった[http://www.youtube.com/watch?v=0WVZNdSGZYw]。この判定に対してマリノスはJリーグへ意見書を提出した。
 
== 脚注 ==
972

回編集

案内メニュー