コンテンツにスキップ

「ベンチュリ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
[[ファイル:Venturifixed2.PNG|thumb|300px|ベンチュリ計の図。"1"での圧力は"2"よりも高い。"2"での流速は"1"よりも高い。]]
'''ベンチュリ'''('''Venturi''')または'''ベンチュリ効果'''('''Venturi effect''')は、[[流体]]の流れを絞ることによって、流速を増加させて、低速部にくらべて低い圧力を発生させる機構である。[[イタリア]]の物理学者[[ジョヴァンニ・バティスタ・ヴェンチュリ]]([[:en:Giovanni Battista Venturi|Giovanni Battista Venturi]])にちなむ。ベンチュリ効果を応用した管を'''ベンチュリ管'''('''Venturi tube''')、計測器を'''ベンチュリ計'''('''Venturi meter''')という。
 
[[連続の方程式]]から、[[流量]]が一定のとき流れの断面積を狭くすると流速は増加する。流体が非圧縮性であるとき、右の図で<math>v_2=\frac{A_1}{A_2}v_1</math>となる。
: <math>Q=A_1 A_2 \sqrt {\frac{2gh}{{A_1}^2-{A_2}^2}} </math>
ここで、<math>Q</math> は理論上の流量、<math>A_1</math> は絞る前の管の断面積、<math>A_2</math> は絞り部の管の断面積、<math>h</math> は点1と点2での[[水頭|水位]]差、<math>g</math> は[[重力加速度]]を示す。
実用上は、
:<math>Q = K \sqrt{h}</math> すなわち <math>K = A_1 A_2 \sqrt{\frac{2g}{{A_1}^2-{A_2}^2}} </math>
となる[[流量係数]]<math>K</math> も計算の便宜上よく用いられる。
 
== 関連項目 ==
2,788

回編集