「古堅実吉」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''古堅 実吉'''(ふるけん さねよし、[[1929年]][[7月5日]] - )は[[沖縄県]][[国頭村]]出身の元[[日本共産党]][[衆議院|衆議院議員]]である。
 
== 人物 ==
*[[1944年]]に[[沖縄師範学校]]予科に入学、戦争中は「[[鉄血勤皇隊]]」を経験した。
*[[琉球大学]]中退経て[[関西大学]]法学部卒業後、[[琉球政府]]下にて中央巡回裁判所書記官、[[弁護士]]、[[立法院]]議員、[[沖縄人民党]][[書記長]]として活躍した。
*[[沖縄返還]]後、[[沖縄県議会]]を経て、[[1990年]]の[[第39回衆議院議員総選挙]]で[[沖縄県全県区]]で初当選した。[[1993年]]は同じ選挙区で2期目の当選となり、[[1996年]]には[[小選挙区比例代表並立制]]下で、[[沖縄1区]]で現職として臨んだが県議会の後輩で[[新進党]]新人[[白保台一]]に敗れ[[比例復活]]で3期目の当選となった。[[2000年]][[第42回衆議院議員総選挙]]には不出馬、政界を[[引退]]した。
*引退後、[[2002年]]1月から2002年4月まで「命(ぬち)かじり-回顧録-」で[[琉球新報]]に連載し、同年8月に[[琉球新報社]]にて刊行した。
匿名利用者

案内メニュー