「ギブソン・モダーン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(add image)
編集の要約なし
[[1950年代]]、ギブソンはライバルである[[フェンダー (楽器メーカー)|フェンダー]]の[[フェンダー・テレキャスター|テレキャスター]]、[[フェンダー・ストラトキャスター|ストラトキャスター]]により、シェアを大きく失っていた。そこで反撃をコンセプトに近代的なソリッドボディを3本制作する。[[1957年]][[6月27日]]、ギブソンの社長テオドア・マッカーティ (Theodore "Ted" McCarty) は米国特許商標庁に「[[ギブソン・フライングV|フライングV]]」、「フューチュラ(後の[[ギブソン・エクスプローラー|エクスプローラー]])」、「モダーン」の三本を提出。特許は[[1958年]][[1月7日]]に発行されたが、モダーンはカタログには載らず、この時モダーンが生産されたのかどうかは熱い論争の種となっている(エクスプローラーのことには触れている製品リストにも、あいまいな言及しかない)。マッカーティは、プロトタイプは少数作られたものの、いずれも最終的品質に至らなかったと語ったという。
 
[[1982年]]、ギブソンによりアトランタでの[[楽器ショー|NAMMショー]]で「ヘリテージ・シリーズ」の一環として再発表され、後に韓国[[エピフォン]]で生産された。近年でもギブソン・カスタムショップでごく少数生産される事がある
 
外見的には、モダーンはフライングVのように長く伸びる低音弦側、鮫の鰭のようにえぐり取られた高音弦側、扇型<!-- oblong とあるけど長方形とも楕円形ともいえず -->([[:en:Gumby|ガンビー]]の頭のような)のヘッドと<!-- with inverted tuners ってどゆこと? -->、ゴールドハードウェアを備える。ヘッドの形状の都合上、ペグとナットの間にストリングガイドを介して弦を通している。
 
<!-- The Gibson Moderne was featured in the [[PlayStation 2]] and [[Xbox 360]] video games [[Guitar Hero]] and [[Guitar Hero 2]] in 2006 as unlockables. -->
生産数の少なさと先進的デザインから、コレクターはモダーンを探し回っている。
 
余談ながら、前述した三種の他にもエクスプローラーのボディ底部をV型に切り込んだ(現在でいうところの「ランダムター」に似ている)「ディスカヴァラー」(Discoverler)、フライングVの6弦側を逆に向けた形状の「サンダーボルト」(Thunderbolt)という騎手もデザインされたというが、デザインだけに終わったともいわれ、真相は定かではない。
 
== 関連項目 ==
*[[ギブソン・フライングV]]
2,197

回編集

案内メニュー