コンテンツにスキップ

「24時間テレビ 「愛は地球を救う」/history20160321」の版間の差分

==== エピソード ====
* 1995年は、同年[[1月17日]]に発生した[[阪神・淡路大震災]]で[[兵庫県]][[宝塚市]]の自宅を失った[[間寛平]]が、被災地の復興を願うため、[[神戸市]]から[[東京都]][[千代田区]]の[[日本武道館]]までの約600kmを7日間かけて走破した。寛平曰く「被災者のみんなに勇気を与えたかった」とのこと。寛平は放送日前日までは昼間は体力を奪われるため、基本的に夜間のみ走っていた。
* 2003年の放送時、走者の[[山田花子]]が[[日本武道館]]の付近に差し掛かったところで番組終了の時間が迫っていたが、日本テレビはこれに対し、急遽番組の放映時間を延長してゴール場面まで放映するという極めて異例の措置を取っている。
* 2006年、8月27日の午後4時20分頃に走者の[[アンガールズ]]にエールを送る目的で軽く触れた沿道の老人女性に、日本テレビの[[スタッフ]]が大声で「触るなコラ!」と恫喝する様に注意している映像が全国中継された。これに関して同局は「『触らないで』と注意したが、とっさの出来事でもあり、配慮に欠けたところもあった。当該スタッフに注意をしました」と一部事実を認めて謝罪した。また、深夜コーナーに出演していた[[板倉俊之]]がアンガールズを「姿慎めよ」などと馬鹿にする発言をしているところが放送された(本来CMに入るところを誤ってそのままスタジオ映像を流してしまったため起きた)。ともに[[動画共有サービス|動画共有サイト]]や週刊誌などで取り上げられ批判された。
 
2,197

回編集