コンテンツにスキップ

「本多流生弓会」の版間の差分

(→‎射法: 正面打起し)
 
=== 本多利實 ===
'''本多 利實'''(ほんだとしざね、[[1836年]] - [[1917年]])は、本多流流祖。旗本・竹林派家元本多利重長男、幼名橋之助、[[号 (称号)|号]]生弓斎。利實翁とも呼ばれる。6歳の時父に弓を学び始める。25歳、利重より日置流尾州竹林派皆伝印可を受ける。[[1867年]]32歳で家督を相続する。[[1869年]][[大学校 (1869年)|医学校]](現[[東京大学大学院医学系研究科・医学部|東大医学部]])勤務。[[1874年]][[文部省]]医務局分課[[種痘所]]勤務。[[1889年]][[明治維新]]後の弓術の荒廃を嘆いて『弓術保存教授及演説主意』を著し、弓術継続会を設立する。同年[[西巣鴨町|巣鴨村]]村長。[[1892年]][[第一高等学校 (旧制)|第一高等学校]]弓術教授。[[1893年]][[八幡神社 (東京都港区虎ノ門)|西久保八幡神社]]祠宮。[[1901年]][[霞会館|華族会館]]弓術教授。[[1902年]][[東京大学|東京帝国大学]]弓術部師範。[[1905年]][[学習院]]弓術師範。その他いくつもの学校の師範を勤める。この頃竹林派の種々の伝書に註解を加えて正面の弓構え・打起しについても解説し、[[1908年]]『日置流竹林派弓術書』を出版公表する。[[1917年]]東京帝国大学に家元継承についての覚書などを預託する。同年[[東京都電車|東京市電]]の事故により死亡する。
 
=== 本多利時 ===
78

回編集