「藤原道隆」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[寛和]]2年([[986年]])、兼家は策を講じ、寵妃を失って落胆していた花山天皇を三男の道兼がそそのかして内裏から寺へ連れ出し、騙すようにして出家させてしまった。天皇が消えて宮中が大騒ぎになっている間に、道隆は弟の[[藤原道綱|道綱]]とともに[[八尺瓊勾玉|神璽]][[天叢雲剣|宝剣]]を東宮御所へ運び込む役割を果たした。そして、速やかに懐仁親王が即位する(一条天皇)。
 
一条天皇の外祖父の兼家が摂政となり、嫡男の道隆は[[正三位]]権中納言から[[従二位]][[権大納言]]へ一気に引き上げられた。[[永祚 (日本)|永祚]]3年([[989年]])2月内大臣を拝す。道隆はこれ以上官位が進むのを望まなかったようで、この間、[[永延]]元年(987([[987]])10月、従一位に昇叙されるべき所を、伊周の[[正五位下]]叙爵のために譲っている。
 
[[永祚 (日本)|永祚]]2年([[990年]])正月、道隆は長女の[[藤原定子|定子]]を一条天皇の女御として入内させた。同年5月に病のため兼家が関白を辞すると、代わって関白、次いで[[摂政]]となった。7月、兼家は死去する。
 
『[[古事談]]』などによると、兼家は自分の後継をどの息子にするかを腹心の[[藤原有国|藤原在国]](後の有国)、[[平惟仲]]、[[平国平]]と諮った。在国は胆力のある三男の道兼をふさわしいとした。一方、惟仲、国平は嫡庶の序によって長男の道隆を推した。結局、後継は道隆となり、この話を知った道隆は在国をはなはだ憎み、関白職に就くと直ちに在国父子の官を奪った。
匿名利用者

案内メニュー