「Cubase」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
== 概要 ==
ドイツのスタインバーグ(現在は[[ヤマハ]]の子会社)が開発した、[[Windows]]および[[Mac OS X]]の両プラットホームに対応するオーディオ/MIDI統合型音楽制作アプリケーション。元々は[[AtariATARI]] ST用に開発されたMIDIシーケンスソフトであった。その後[[デジタルシグナルプロセッサ|DSP]]によるオーディオ補助処理が主流であった頃に、CPU処理によるリアルタイムエフェクターであるVST ([[Virtual Studio Technology]]) という独自の規格を提唱し、当時として大変画期的でた事から注目を浴び集めた。コンピュー[[デジ性能の著しい向上に伴い音楽制作系アルシグナルリケロセッサ|DSP]]によるオションの雄ディオ補助処理が主流であった当時として09年現在でも変画期的シェアを誇事であている
コンピュータ性能の著しい向上に伴い音楽制作系アプリケーションの雄として09年現在でも大きなシェアを誇っている。
 
VSTシリーズはバージョン5まで発展を遂げた後、同社がSGIのワークステーション用に並行開発を進めていた「[[Nuendo]]」のオーディオエンジンを採用した「Cubase SX」へと刷新。その後Cubase SX 3までバージョンを重ねた後、2006年に再び「SX」を外し「Cubase 4」へと名を戻している。
 
同社はVST以外にも[[ASIO]]というオーディオインターフェース用の独自規格を策定したことでも知られており、ASIOはデファクトスタンダードとなった。AISOは後の主要なDAWの基礎を築いたとも言える。
匿名利用者

案内メニュー