コンテンツにスキップ

「段芝貴」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎参考文献: 陸軍総長先代次代)
編集の要約なし
{{中華圏の人物
'''段 芝貴'''(だん しき、[[簡体字]]:'''{{lang|zh|段芝贵}}'''、[[繁体字]]:'''{{lang|zh-tw|段芝貴}}'''、[[ピンイン]]:{{lang|zh|Duàn Zhīguì}}、[[1869年]] - [[1925年]]3月)は、[[中国]]の[[清]]代末期から[[中華民国]]時代にかけての軍人。字は'''香岩'''。[[安徽省]][[合肥市|合肥県]]の人。[[北京政府]]、[[安徽派]]の有力軍人である。
| 名前=段芝貴
| 画像=
| 画像の説明=
| 出生=[[1869年]]
| 死去=[[1925年]]3月
| 出身地=[[安徽省]][[合肥市|合肥県]]
| 職業=軍人
| 簡体字=段芝贵
| 繁体字=段芝貴
| ピン音=Duàn Zhīguì
| 通用=
| 注音=
| 注音二式=
| ラテン文字=
| 和名=だん しき
| 発音=ドゥアン ヂーグイ
}}
'''段芝貴'''(だん しき)は[[清|清末]][[中華民国|民初]]の軍人。の人。[[北京政府]]、[[安徽派]]の有力軍人である。字は'''香岩'''。
 
== 事跡 ==
[[天津武備学堂]]を卒業し、[[光緒1895年]]21年([[1895年光緒]]21年)、[[袁世凱]]が組織した新建陸軍に加入し、督隊稽査先鋒官、左翼歩兵第2営統帯、北洋常備軍軍政司参謀処総弁、天津南段警察局総弁などを歴任した。光緒34年([[1908年]])、[[布政使]]署理[[黒龍江省|黒龍江]]巡撫に就任し、さらに北洋第3鎮統制に就任した。
 
[[辛亥革命]]勃発時には、武衛右軍右翼翼長に就任し、[[1912年]([[中華民国暦|民国]]1([[1912年]])、拱衛軍司令に就任した。民国2年([[1913年]](民国2年)、江西宣撫使兼第2軍軍長となり、二次革命([[第二革命]])鎮圧の功績から、[[湖北省|湖北]]都督に昇進した。民国3年([[1914年]](民国3年)、彰武上将軍に封じられ、督理湖北軍務(いわゆる湖北将軍)に就任した。民国4年([[1915年]](民国4年)8月、鎮安上将軍に遷り、督理奉天軍務(奉天将軍)兼巡按使に就任した。袁世凱の皇帝即位を支持し、12月、一等公爵に封じられた。しかし、東北に地盤を広げようとする[[張作霖]]らから圧力をかけられ、段は民国5年([[1916年]](民国5年)4月に、奉天将軍等を辞任した。
 
6月に袁世凱が死去すると、段芝貴は[[段祺瑞]]率いる安徽派に加わった。民国6年([[1917年]](民国6年)7月の[[張勲復辟]]の際には、段芝貴は討逆軍東路司令に任命されて張勲を撃破し、輔威上将軍に封じられた。民国7年([[1918年]](民国7年)1月、陸軍総長に就任した。民国8([[1919年]])11月、京畿衛戌司令に遷った。民国9年([[1920年]](民国9年)7月の[[安直戦争]]では、定国軍西路総司令として[[直隷派]]と戦ったが敗北し、段芝貴は天津の租界に逃げ込んだ。
 
民国14年([[1925年]](民国14年)3月、死去。享年57。
 
== 参考文献 ==
*[[来新夏]]ほか著『北洋軍閥史 下冊』[[南開大学]]出版社、2000年
*劉寿林ほか編『民国職官年表』[[中華書局]]、1995年
 
{| class="wikitable" style="margin:0 auto"
|-
! [[中華民国]]
{{先代次代|湖北都督(署理)|[[1914年]]2月 - 6月|[[段祺瑞]]|(将軍に改称)}}
{{先代次代|湖北将軍|[[1914年]]6月 - [[1915年]]8月|(都督から改称)|[[張錫鑾]]}}
{{先代次代|奉天将軍|[[1915年]]8月 - [[1916年]]6月|[[張錫鑾]]|[[張作霖]]}}
{{先代次代|[[中華民国]]陸軍総長|[[1917年]]12月 - [[1919年]]1月|[[王士珍]]|[[キン雲鵬|靳雲鵬]]}}
|-
 
{{Chinese-history-stub}}
33,542

回編集