「デ・ハビランド DH.114 ヘロン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
dab, to ja
m (del moved)
m (dab, to ja)
[[Image:026155 heron croyport.jpg|thumb|300px|right|DH.114 ヘロン(サウス・ロンドン)]]
'''デ・ハビランド DH.114 ヘロン''' (de Havilland 114 Heron) とは[[イギリス]]の[[デ・ハビランド・エアクラフト|デ・ハビランド]] (de Havilland Aircraft Company) が開発した4発[[レシプロ]][[旅客機]]である。[[デハビランド DH.104 ダブ|DH.104 ダブ]]と姉妹機でもあるがこちらは双発機であった。また[[日本]]においても[[1950年]]代に近距離旅客機として運用されていた。なお、ヘロンとは[[水鳥]]の[[サギ]]の意である。
 
== 概略 ==
ハビランド DH.114 ヘロンの開発は市場の動向から遅れ、DH.104 ダブよりも遅くなった。そのため生産決定は[[1940年]]代後半になってからで、初飛行は[[1950年]][[5月10日]]のことであった。機体はダブを大きくすることで、共通部品を多くすることにし、胴体を延長するとともに2機のエンジンのために翼長を延長するものとした。また最初に引き渡された航空会社はNAC([[ニュージーランド航空]]の前身)であった。また初期に生産されたヘロンは降着装置が固定式であったが、後のMk2Mk.2では引き込み式に改良された。149機が生産され、およそ30カ国に輸出された。
 
またヘロンは4発であったが、それぞれが250馬力しかもたないデハビランド ジプシークイン 30 エンジンであったため、非力であった。初期生産型であるMk1AMk.1A-Dが51機生産された後、Mk2Mk.2が生産されこちらは降着装置が引き込み式になった。また燃料消費を減らすとともに、いくぶん最高速度を上げた。また[[1963年]]には、12機がカナダのSaunders社の手によってエンジンを換装して双発に改造されたSaunders ST-27と命名された機体もあった。
 
==運用国==
 
== 派生型 ==
* '''Heronヘロン 1''' : 初期生産型。
** '''Heronヘロン 1B''' :
* '''Heronヘロン 2''' :
** '''Heronヘロン 2A''' :
** '''Heronヘロン 2B''' :
** '''Heronヘロン 2C''' :
** '''Heronヘロン 2D''' :
** '''Heronヘロン 2E''' : VIP輸送型、1機製造。
* '''Heronヘロン 3''' : エリザベス女王用VIP輸送型。イギリス空軍(RAF)、2機製造。
* '''Heronヘロン 4''' : エリザベス女王用VIP輸送型。イギリス空軍(RAF)、1機製造。
* '''Sea Heronシーヘロン C.Mk 20''' : 輸送および兵員輸送型。イギリス海軍。
* '''ライリー ターボ・スカイライナー''' :
* '''Riley Turbo Skyliner''' :
* '''Saundersサンダース ST-27''' : 双発型旅客機に改造
* '''Saundersサンダース ST-28''' :
* '''Tawronタウロン''' : エンジンをアメリカ製IO-470エンジンに換装。
 
== 要目 (Mk 2D) ==
* 全高:4.75 m
* 自重:3,700
* エンジン:[[ハビランド ジプシークイン]] 30 Mk 2 × 4
* 出力:250HP
* 最大速度:295km/h
8,632

回編集

案内メニュー