「東京株式取引所」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''東京株式取引所'''(とうきょうかぶしきとりひきじょ)は、日本初の公的な証券取引機関。1943年に全国の11株式取引所が統合され[[日本証券取引所]]となり廃止。旧東京株式取引所は、[[日本証券取引所]]の本所となる。戦後派、[[東京証券取引所]]として新たに事業を開始する。
 
== 沿革 ==
:*1878年 5月 4日-根拠法である[[株式取引所条例]]が制定される。
:*1878年 5月10日-[[渋沢栄一]]らが'''東京株式取引所'''の設立を出願する。
:*1878年 5月15日-[[大蔵卿]][[大隈重信]]から免許を受け、正式に成立する。
:*1878年 6月 1日-14時、仲買人76名、取引所職員14名によって立会が開始される。
:*1878年 7月15日-日本初の上場株式として自己の株式を上場させる。
:*1878年 9月-第一国立銀行(現みずほ銀行・旧第一勧業銀行)の株式が上場。
:*1943年 6月-戦時統制機関への改編で[[日本証券取引所]]に統合され、解散。東京は本所として使用される。
 
== 根拠法 ==
:*1878年 5月-制定:[[株式取引所条例]]
 
== 創立関係者 ==
:*[[渋沢栄一|澁澤榮一]]
:*[[三井養之助]]
:*[[三野村利助]]
:*[[福地源一郎]]
:*[[大隈重信]]
 
== 資本金および株主数 ==
:*資本金 20万円
:*株主数 95名
 
== 上場証券 ==
:*公債
:*株式
 
== 外部リンク ==
*[http://www.tse.or.jp/ 東京証券取引所]
*[http://www.tse.or.jp/sr/ 東京証券取引所自主規制法人]
 
 
[[category:明治時代の経済|とうきようかふしきとりひきしよ]]
[[Category:日本の証券取引所|廃とうきようかふしきとりひきしよ]]
{{CompanyBank-stub}}
{{History-stub}}
匿名利用者

案内メニュー