「今岡十一郎」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
clean up + リダイレクト回避, Replaced: 東京帝国大学東京帝国大学
m (Bot: リダイレクト修正 ギリヤーク)
m (clean up + リダイレクト回避, Replaced: 東京帝国大学東京帝国大学)
[[松江市]]生まれ。[[1914年]]、[[東京外国語学校]]ドイツ語科卒業。同年、来日中のハンガリーの民俗学者[[バラートシ=バログ・ベネデク]](Barátosi-Balogh Benedek; [[1870年]]–[[1945年]])の[[アイヌ]]・[[ニヴフ|ギリヤーク]]・[[オロッコ]]研究旅行に通訳として同行し、[[北海道]]や[[樺太]]を巡る。これが縁で、バラートシから[[ツラン運動]]([[:en:Turanism]])<ref>日本人やフィンランド人やハンガリー人やトルコ人など、[[ユーラシア大陸]]における非[[印欧語]]系諸民族の連帯を呼びかけた思想・文化運動。当時、ハンガリー人の間に熱狂的な日本語学習熱を生んだ。</ref>の日本普及に協力するよう求められる。
 
[[東京大学|東京帝国大学]]経済統計研究室などに勤務した後、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]を経て[[ドイツ]]に留学し、程なくしてバラートシ=バログの招きで[[1922年]]にハンガリーへ移り、[[ブダペスト大学]]哲学科を卒業。この後も[[1931年]]の帰国まで約10年間ハンガリーに滞在し、日本文化の紹介に尽力。同国の[[新聞]]や[[雑誌]]に寄稿すること800回、同国各地で講演をおこなうこと750回に及んだ。[[1923年]]からブダペスト大学で日本語の講座が開かれたのは今岡の啓蒙活動による。
 
帰国後は[[外務省]]に勤務する傍ら、日洪文化協会理事などを歴任し、同協会の出版・講演会などの事業をほぼ一手に引き受け、日本=ハンガリー間の文化交流の中心人物として活動。ハンガリーの[[文学]]や[[歴史]]に関する著書や論文を多数執筆。戦後に外務省を辞した後も同省の一室に専用の机を持ち、晩年に至るまで独力で『ハンガリー語辞典』の編纂に従事。この事業を完成した直後に85歳で逝去。
15,196

回編集

案内メニュー