「貨物船」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
;自動車専用船 (Pure Car Carrier; PCC)
:自動車を運搬するための船舶。船積みの効率化を図るために、ランプウェイや船艙内の各階の高さなどが最適化されている。
;鉄道連絡船(鉄道車両のみ航送する車両渡船が貨物船に該当
鉄道車両と[[旅客]]、[[自動車]]を航送する[[フェリー|車載客船]]については{{Main|鉄道連絡船}}{{Main|フェリー}}
:鉄道車両を航送するための船舶。鉄道車両を航送できるように車両甲板に線路が敷かれている。また、[[自動車航送]]設備を有するものもある。
{{Main|コンテナ船}}
:;フル・コンテナ船(Full-container Ship、フルコン船)
::規格化された貨物コンテナだけを輸送する船[[RO-RO貨物船|ロールオン・ロールオフ貨物船]]に比べて荷役時間は少し長いが、従来型の一般貨物の荷役方法と比べれば4分の1以下の時間で済む。貨物の積付効率が高いために輸送効率は高く、陸上でのトレーラーや鉄道輸送との連携による効率化も合わせて、海上貨物輸送の主要な地位を占めている。規格に沿った大きさの貨物コンテナを効率的に積付ける「セル構造」を持つ船がほとんどである。港では[[ガントリークレーン|ガントリー・クレーン]]と呼ばれる大型の[[コンテナ]]荷役用クレーンを備えた専用コンテナ埠頭を利用するため、自らはクレーンを持たない船がほとんどである。
:;セミ・コンテナ船(Semi-Container Ship、セミコン船)
::規格化された貨物コンテナとコンテナ以外の一般貨物を輸送する船で、コンテナ専用の積載設備を備えるもの。コンテナ積載用の設備を備えない一般貨物船がコンテナを運搬してもセミ・コンテナ船とは呼ばれない。クレーンのない港湾での荷役用に自らクレーンを備えていることがある。
== 出典 ==
*池田宗雄著 「船舶知識のABC」 成山堂書店 第2版 ISBN 4-425-91040-0
*拓海広志著 「船と海運のはなし」 成山堂書店 平成19年11月8日改訂増補版発行 ISBN 978-4-425-911226
<references/>
 
*[[旅客船]] - 旅客を輸送するための船舶。
*[[パナマ運河]] - 太平洋とカリブ海を結ぶ運河。毎年多くの貨物船がここを通行する。パナマ運河を通れる最大サイズの船を「[[パナマックス]]型」「パナマックス級」などという。
*[[スエズ運河]] - 地中海と紅海を結ぶ運河。毎年多くの貨物船がここを通行する。スエズ運河を通れる最大サイズの船を「[[スエズマックス]]型」「スエズマックス級」などという。
*[[艀]]
*[[沖仲仕]]
*[[船籍]]
*[[便宜置籍船]]
 
== 外部リンク ==
* [http://shipphoto.exblog.jp/ SHIP PHOTO 船の写真]
 
{{DEFAULTSORT:かもつせん}}
匿名利用者

案内メニュー