「超高層建築物」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎定義: このソースで「欧米一般」は飛躍しすぎ
(→‎定義: このソースで「欧米一般」は飛躍しすぎ)
日本の法律では[[建築基準法]]施行令や[[航空法]]などで高さが60mを超える建築物に対してそれ以下のものと異なる基準を設定しているから、法律上は高さ60m以上の建築物が超高層ビルと解されていると言える<ref>[http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/s20000523/shorei01.pdf 建築基準法施行規則の一部を改正する省令]</ref>。
 
[[欧米イギリス]]のあるサイトでは、一般に高さ150m(500ft)以上のビル超高層ビル(skyscraper)と呼ばれ定義している<ref>[http://www.skyscrapernews.com/news.php?ref=1244 Article - 1244 - Huge New Rogers Skyscraper Proposed](英語)</ref>。
 
現在研究・構想されている高さが1,000mを超えるビルは、[[ハイパービルディング]](超々高層ビル、超々高層建築物)と呼ばれる。
313

回編集

案内メニュー