「火曜クラブ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
m
 
== 概要 ==
[[1927年]]に雑誌「スケッチ誌」に短編火曜クラブを皮切りに連載されたマープルもの短編12編に、オリジナルの1篇が加筆され刊行された短編集である。マープルの初登場作品ではあるを含むが、短編集として刊行された2年前の[[1930年]]に長編『[[牧師館の殺人]]』が刊行されたため、本作は初登場作品と見なされないことが多い。
 
本作は後述する3つの場面より構成されるが、最後の『溺死』以外は6名の登場人物が各々が真実を知る迷宮入り事件(ないし、それに類するもの)を話し、残りのメンバーがそれを推理するが、結局全てマープルだけが解いてしまうという展開である。ただし、マープルが話す事件は誰にも解けず、『バンガロー事件』は会の最中に推理が披露されない。
: 火曜クラブのメンバーであるサー・ヘンリーによってマープルが客として招かれたバントリー夫妻の晩餐会が舞台。
; 『溺死』
: 唯一進行形の事件が扱われている。短編集刊行の際に加えられた作品。
 
また、その形式と知名度から[[安楽椅子探偵]]作品の代表作にも挙げられる。
: サー・ヘンリーの話。ローゼン博士はある犯罪組織を潰したが、それによって報復を受け殺された。4人の容疑者のうち犯人は誰なのか?
; クリスマスの悲劇 - ''A Christmas Tragedy''
: マープルの話。水治療院を訪れたマープルは、そこで出会っ見かけ夫妻について夫が妻を殺すと予見する。そして、予想通りに妻が殺されるが夫にはアリバイがあった。
; 毒草(死の草) - ''The Herb of Death''
: ミセス・バントリーの話。ある資産家の食卓で食中毒が起こり、女の子が一人死亡する。原因は、食に紛れ込んだ[[ジギタリス]]の葉だとわかったが・・・。
; バンガロー事件 - ''The Affair at the Bungalow''
: ジェーンの話。彼女が地方巡業していた頃、手紙を貰ったという青年が現われて・・・。

案内メニュー