「尋常小学校」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
m
'''尋常小学校'''(じんじょうしょうがっこう)は、[[明治]]時代から[[昭和]]初期にかけての[[初等教育]]機関の名称。
 
[[1886年]](明治19年)の[[小学校令]]で尋常小学校・[[高等小学校]]が設置される。この時の尋常小学校([[義務教育]])の修業年数は3年間若しくは4年間で、[[1890年]](明治23年)の改正で4年間のみに統一され、その後何回かの変遷を経て、[[澤柳政太郎]]文部次官の下、[[1907年]](明治40年)に6年間に延長された。[[1941年]](昭和16年)の[[国民学校令]]により、[[国民学校]]が設置され、尋常小学校・[[高等小学校]]は消滅した。
 
== 関連項目 ==
5,247

回編集

案内メニュー