コンテンツにスキップ

「伊集院忠朗」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''伊集院 忠朗'''(いじゅういん ただあき、生没年未詳)は[[島津氏]]の家臣。子は[[伊集院忠倉]]、孫は[[伊集院忠棟]]、曾孫は[[伊集院忠真]]。
 
[[島津忠良]]、[[島津貴久]]に仕えて、島津氏の本家と分家の対立による領国分裂の統一から、[[伊東氏]]や[[肝付氏]]との戦いで活躍した。[[1554年]]、忠朗は[[岩剣城]]を攻めたが、このとき、忠朗の進言で島津軍は初めて[[鉄砲]]を実戦に投入して本格的に使ったという。それらの功績から、[[1556年]]まで筆頭家老として島津氏の政務を取り仕切ることとなった。
 
1561年には、[[肝付兼続]]との宴席で兼続を巧みに挑発し、いずれはその領土を呑み込もうと考えていた[[肝付氏]]との戦端を開いたというエピソードもある。
22

回編集