「火災報知機」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m
{{otheruses|消防用設備|お笑いコンビ|火災報知器 (お笑い芸人)}}
'''火災報知機'''(かさいほうちき)は感知器によって[[火災]]を感知若しくは火災を発見した人間が発信機を操作することで[[警報]]を発したり、[[消防機関]]に通報する機器の総称である。[[自動火災報知設備]]や[[住宅用火災警報器]]、[[#消防機関に通報する火災報知設備]]がこれに含まれる。なお、一般に火災報知'''器'''と表記されることがあるが、消防法規および業界団体では火災報知'''機'''と表記しているのでこちらが正式な表記である。
[[Image:Heimrauchmelder.jpg|thumb|200px]]
 
[[Image:Photoelectric spot type smoke detector.JPG|thumb|200px]]
[[Image:SmokeProprietary-type detectorfire alarm manual call point.JPG|thumb|right|200px]]
[[画像:Fire-lite-bg-10.jpg|thumb|200px|火災時にアラームを鳴らすための装置(アメリカ合衆国ニュージャージー州の学校のそれ)]]
'''火災報知機'''(かさいほうちき)は感知器によって[[火災]]を感知若しくは火災を発見した人間が発信機を操作することで[[警報]]を発したり、[[消防機関]]に通報する機器の総称である。[[自動火災報知設備]]や[[住宅用火災警報器]]、[[#消防機関に通報する火災報知設備]]がこれに含まれる。なお、一般に火災報知'''器'''と表記されることがあるが、消防法規および業界団体では火災報知'''機'''と表記しているのでこちらが正式な表記である。
 
==自動火災報知設備==
詳細は[[自動火災報知設備]]の項を参照。
 
==住宅用火災警報器==
主に一般[[住宅]]に設置され、火災により発生する熱や煙を感知して音声やブザー音で警報する警報器である。
 
詳細は[[住宅用火災警報器]]の項を参照。
 
==消防機関に通報する火災報知設備==
街頭に発信機(M型発信機)を設け、火災の発生を押しボタンで押す事で消防機関へ知らせる装置である。また、建物内に引き込む事もできたようである。ゼンマイ仕掛けで発信機固有のパルス信号を発する事で受信機を備えた消防機関ではその位置も把握できた。専用の通信回線の架設が必要である事や、消防機関は作動した事とその場所しか覚知できず、電話の[[電話]]の普及やいたずらの多発などで、1974年までに廃止されたが、現在でも法規上でのみ存在する。
===公衆用火災報知機===
かつて[[東京]]など[[大都市]]の市街地に、火災を発見した場合に人間がボタンを押すことで[[消防署]]に火災を通報する火災報知機(M型発信機)が存在した。しかし[[電話]]の普及やいたずらの多発などで、1974年までに廃止された。
 
===火災通報装置===
日本の法規上は火災報知設備のカテゴリではないが、関連深いので詳述する。
[[防災センター]]や[[中央管理室|管理室]]に設置された押しボタンを操作するか、自動火災報知設備との連動によって自動的に消防署に火災通報を行う装置である。起動すると自動的に[[119番]]に電話をかけ、装置に予め[[録音]]されたメッセージを送信する。[[旅館]]・[[ホテル]]等や[[病院]]・[[診療所]]、[[老人福祉施設]]等には設置義務がある。
自動火災報知設備が作動しても、消防機関への通報が遅れ惨事を来す事が往々にある。
 
[[防災センター]]や[[中央管理室|管理室]]に設置された押しボタンを操作するか、自動火災報知設備との連動によって自動的に消防署に火災通報を行う装置である。起動すると自動的に[[119番]]に電話をかけ、装置に予め[[録音]]されたメッセージを送信する。[[旅館]]・[[ホテル]]等や[[病院]]・[[診療所]]、[[老人福祉施設]]等には設置義務がある。
電話回線を使用しているので、消防機関は火災通報装置の設置された[[防災センター]]等を呼び出す事もできる。
連動の場合[[自動火災報知設備]]が起動すると同時に消防機関へ通知されるから、何ら人手を介せず消防機関へ通報が可能である。[[旅館]]・[[ホテル]]等や[[病院]]・[[診療所]]、[[老人福祉施設]]等には設置義務がある。
 
しかし、非火災報が多発する場合、火災で無いのに消防隊の出動となる事にも繋がるから自動火災報知設備の保守には万全を来たす必要がある。
また、知らずに連動が絶たれる事も想定される。本装置の設置を以って火災の通報の義務がなくなる訳ではない。
 
==住宅用火災警報器==
特に住宅で就寝以降に出火した場合にあっては避難が困難で、死者が多い事から義務化されるに至った。
 
詳細は[[住宅用火災警報器]]の項を参照。
 
[[Image:Smoke detector.JPG|thumb|200px|欧米にて一般的な住宅用火災警報器]]
==その他==
[[ドラえもん]]の道具として、[[ドラえもんの道具 (かあ-かそ)#火災予定報知ベル|火災予定報知ベル]]というものがある。
 
==外部リンク==
匿名利用者

案内メニュー