「奈良漬け」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
[[画像:Narazuke_from_Aichi_by_daveyll_in_Ginza.jpg|thumb|220px|奈良漬け]]
'''奈良漬け'''(ならづけ)とは白うり、[[キュウリ|胡瓜]]、[[スイカ|西瓜]]、[[ショウガ|生姜]]などの[[野菜]]を塩漬けにし、何度も新しい[[酒粕]](さけかす)に漬け替えながらできた[[漬物]]である。奈良漬けは、元々1300年以上も前より『かす漬け』という名で存在しており[[平城京]]の跡地で発掘された[[長屋王]]木簡にも「粕漬瓜」と記された納品伝票らしきものがある。なお当時の[[酒]]はどぶろくであったため、粕とは搾り粕ではなく[[酒]]の底に溜まる沈殿物のことであったようである。また当時は上流階級の保存食・香の物として珍重されていたようで、高級食として扱われていたという記録がある。
 
== 歴史 ==
その後、奈良漬けは[[江戸時代]]に入り幕府への献上や[[奈良]]を訪れる旅人によって普及し、庶民に愛されるようになる。そして『奈良漬け』という名前に変わったのは、奈良の漢方医[[糸屋宗仙]]が、[[慶長]]年間(1596~1615)に名付けたからである。現在では、[[奈良県]]内のみならず、全国至るところに奈良漬けが存在する。
奈良漬けは、元々1300年以上も前より『かす漬け』という名で存在しており[[平城京]]の跡地で発掘された[[長屋王]]木簡にも「粕漬瓜」と記された納品伝票らしきものがある。なお当時の[[酒]]はどぶろくであったため、粕とは搾り粕ではなく[[酒]]の底に溜まる沈殿物のことであったようである。また当時は上流階級の保存食・香の物として珍重されていたようで、高級食として扱われていたという記録がある。
 
その後、奈良漬けは[[江戸時代]]に入り幕府への献上や[[奈良]]を訪れる旅人によって普及し、庶民に愛されるようになる。そして『奈良漬け』という名前に変わったのは、奈良の漢方医[[糸屋宗仙]]が、[[慶長]]年間(1596~1615[[1596年]]~[[1615年]])に名付けたからである。現在では、[[奈良県]]内のみならず、全国至るところに奈良漬けが存在する。
 
== 特徴 ==
[[ウナギ|鰻]]の蒲焼きに奈良漬けの組み合わせは定番となっている。鰻を食べた後に口に残る脂っこさを奈良漬けが拭い去り、口をさっぱりとさせる効果がある。胃の働きを活発にし胸焼けを抑える、栄養面からも脂肪の分解や[[ビタミン]]や[[ミネラル]]の吸収を助けるなどの効果があるとされている。
 
1,250

回編集

案内メニュー