コンテンツにスキップ

「崧沢文化」の版間の差分

編集の要約なし
m (ページ 崧沢文化スウ沢文化 へ移動)
編集の要約なし
{{記事名の制約|{{lang|zh|崧}}沢文化}}
'''崧沢文化'''(すうたくぶんか、{{lang|zh|崧澤文化}}、{{ピン音|sōngzé wénhuà}}, Songze culture, [[紀元前3900年]]頃-[[紀元前3200年]]頃)は、[[中国]]に存在した[[新石器時代]]の文化で、[[長江]]河口付近の[[太湖]]周辺に広がっていた。[[1960年]]から[[1970年代]]にかけて[[上海市]][[青浦区]]の崧澤村で発掘された青浦崧澤遺跡を[[標式遺跡]]とする。[[1982年]]、中国考古年会は、太湖周辺で先行して発展した[[馬家浜文化]]と、後に発展した[[良渚文化]]の間に栄えた独自の文化であったと認定し、崧沢文化と命名した。