「ホイールベース」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: zh:轴距)
 
== 自動車 ==
自動車では[[トレッド]]が等しい場合、ホイールベースの数値を大きくすると車体の前後方向の揺れ、すなわち([[ピッチング]])と蛇行([[ヨーイング]])が抑えられるのと、居住空間が拡大できるという利点がある反面、[[サスペンション]]からの入力に対する車体[[剛性]]の確保が難しくなる、小回りが効かなくなるなどの傾向が出る。この数値を小さくすると小回りに優れるものの、ピッチングやヨーイングが大きくなる傾向が出る。誤解を招きやすいが、'''ホイールベース'''が長い=コーナーリングが苦手となる訳ではない。
 
ホイールベースの外側、つまり車輪軸から車両端部までの距離を'''オーバーハング'''といい、前輪軸から前端部までの距離を'''フロントオーバーハング'''、後輪軸から後端部までの距離を'''リアオーバーハング'''という。この3つの寸法は自動車の走行性能を左右する要素となる。乗用車においては、最近は、ホイールベースをなるべく大きく設定してピッチングすることで操縦安定性をと居住性抑え確保す、乗り心地優先の設計が主流となっている(キャビンも大きく取れるだし実用面運動性(回頭性)を重視する[[スポーツカー]]はこの限りも歓迎されてはなる)
 
== 鉄道 ==
鉄道でも車輪の間隔をホイールベースと呼ぶ。ただし軸距、あるいは固定軸距という表現の方がよく用いられる。[[二軸車 (鉄道)|二軸車]]では自動車と同様に車軸の間隔が軸距である。一方[[ボギー台車]]を装備した車両(ボギー車)では、1つの[[鉄道車両の台車|台車]]に装備されている車軸の間隔を軸距と呼び、その台車同士の間隔を台車間隔あるいはボギーセンター間距離と呼ぶ。
 
二軸車でもボギー台車でも、通常は同一車両(同一台車)の車軸は向きが固定されており、自動車のようにカーブの内側を向けることはできないため、軸距が長くなると線路に掛かる圧力(横圧)が大きくなり、線路の歪みを引き起こして保線作業に手間が掛かるなどの悪影響が出てくる。横圧が大きくなりすぎると脱線をもたらす事もあるため、軸距を大きく取りすぎることはできない。一方、軸距を小さくしすぎると[[蛇行動]]を引き起こす要因となる。脱線と蛇行動を抑止して高速走行を実現するためには、軸距と台車や車軸に取り付けられたバネの定数、台車の設計などの間に適切な関係を見つける必要がある。<!-- 日本の在来線では、軸距は3.5m以上4.57m以下と定められている<ref name = "railway_engineering_handbook" />。 -->
 
ボギー車では、台車の間隔を長くすることで、軸距を長くすることなく車体長を長くできる。しかしながら、鉄道いたずらに拡大すると曲線部車体中央が[[建築限界]]に抵触する恐れがあり、また、[[軌道回路]]を利用して列車の現在位置を検知していることがあり、その場合車輪の間隔があまり大きくなりすぎると検知に失敗してしまう(1つの軌道回路の長さより車輪間隔が大きくなってしまう)ことがあるため、ボギーセンターの長さも規制されている。日本の在来線では、ボギーセンター間距離は13m以下と定められている<ref name = "railway_engineering_handbook">[[久保田博|久保田 博]]「鉄道工学ハンドブック」グランプリ出版 1995年 p.149 ISBN 4-87687-163-9</ref>。
 
== 脚注 ==

案内メニュー