「漢字直接入力」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (カテゴリ復帰)
'''漢字直接入力'''(かんじちょくせつにゅうりょく)は、[[コンピュータ]]での日本語入力法の分類の一つ。'''漢直'''(かんちょく)と略称される。
 
[[かな漢字変換]]では、人間が[[キーボード (コンピュータ)|キーボード]]などから入力した読みをコンピュータが解析して[[日本語の表記体系|漢字仮名交じり文]]に変換しているが、漢字直接入力では使う漢字(平仮名、片仮名、記号なども含む)を人間の側で直接指定する。よって、誤変換(人間の意に反した入力)は起こり得ず、習熟者は画面を全く見ずに入力することもできるようになる。その反面、入力者が知らない漢字は入力することができない。しかし、それは手書きならば当り前のことであり、知らない漢字まで出せてしまう方がおかしい、という意見もある。
 
[[英数字]]とカタカナしか扱うことができなかった、[[汎用コンピュータ]]と呼ばれた大型コンピュータで[[日本語]]を扱えるようになった初期の頃(1970~1980年代前半)は、読み仮名を入力して漢字に変換するかな漢字変換機能がなく、また記憶容量も少なかった(超大型機でもメモリ256メガバイト、ディスク数十ギガバイト程度)ため、一つのキーに複数の漢字を割り当てた巨大なキーボードを使って漢字を直接入力したり、各漢字([[2バイト文字]])に対応するコンピュータ固有の漢字コードやJIS[[区点コード]]をテンキーで入力して漢字を呼び出す漢字直接入力の方法が用いられた。
 
 
[[英数字]]とカタカナしか扱うことができなかった、[[汎用コンピュータ]]と呼ばれた大型コンピュータで[[日本語]]を扱えるようになった初期の頃(1970~1980年代前半)は、読み仮名を入力して漢字に変換するかな漢字変換機能がなく、また記憶容量も少なかった(超大型機でもメモリ256メガバイト、ディスク数十ギガバイト程度)ため、一つのキーに複数の漢字を割り当てた巨大なキーボードを使って漢字を直接入力したり、各漢字([[2バイト文字]])に対応するコンピュータ固有の漢字コードやJIS[[区点コード]]をテンキーで入力して漢字を呼び出す方法が用いられた。
 
==分類==
匿名利用者

案内メニュー