「ルーファス・ウェインライト」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
enから訳
m (bot: リダイレクト回避 アメリカ)
(enから訳)
彼は10代のころに[[ゲイ]]であることを[[カミングアウト]]している。
 
ルーファス・ウェインライトは若い頃より[[オペラ]]に興味を持ち、それは彼の音楽にも強く影響している(たとえば彼の曲"Barcelona"は[[ジュゼッペ・ヴェルディ|ヴェルディ]]のオペラ、マクベスの台詞を引用している)。また[[エディット・ピアフ]]や[[アル・ジョルソン]]、[[ジュディ・ガーランド]]らにも強い関心を示している。
 
<!--
At age 14, Wainwright was sexually assaulted in London's Hyde Park after picking up a man at a bar. He remained celibate for five years after the incident, which he claims postponed his becoming promiscuous. In an interview years later, he described the event: "I said I wanted to go to the park and see where this big concert was going on. I thought it was going to be a romantic walk in the park, but he raped me and robbed me afterwards and tried to strangle me". Wainwright claims that he survived only by pretending to be an epileptic and faking a seizure.
 
-->
 
==活動開始~デビューアルバム==
Cafe Sarajevoのステージに毎週出演するうちにモントリオールのクラブで評判になり、Pierre Marchandによっていくつかのデモテープが作られる(彼はのちにウェインライトのアルバム"Poses"のプロデュースを手がける)。テープはDreamworks RecordsのLenny Waronkerにわたり、彼は自身のレーベルでウェインライトと契約する。[[1996年]]の春にウェインライトはニューヨークへ移り、Club Fezで定期的に演奏を行う。その年の秋に[[ロサンゼルス]]に移り、[[1998年]]の一枚目のアルバム『Rufus Wainwright』のレコーディングを開始する。
 
ウェインライトのデビューアルバムは高い評価を受ける。[[ローリング・ストーン|ローリングストーン誌]]はその年最良のアルバムの一つとし、また彼をその年の"Best New Artist"と呼んだ。1998年の夏ウェインライントは[[ショーン・レノン]]とツアーを行い、続いて自身の初ツアーを行う。[[12月]]に彼は[[ギャップ_(企業)|GAP]]のCMに出演し、[[フランク・レッサー]]の "What Are You Doing New Year's Eve?"を披露する。彼の知名度とレコード売り上げは飛躍的に増加する。[[1999年]]の[[3月]]からツアーを行う。
 
==ディスコグラフィ==

案内メニュー