「インドシナ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
インドシナ半島仏領インドシナへ分割・統合したため、リダクレクト化
(インドシナ半島仏領インドシナへ分割・統合したため、リダクレクト化)
#REDIRECT [[インドシナ半島]]
[[de:Indochina]]
[[en:Indochina]]
[[fr:Indochine]]
[[pl:Indochiny Francuskie]]
 
'''インドシナ'''は地理的な用語としては[[仏領インドシナ|フランス領インドシナ]]([[東南アジア]]の[[フランス]]の[[植民地]]および保護国、[[フランス植民地帝国]]の一部の連合・[[コーチシナ]]、[[トンキン]]、[[アンナン]](それらは現在の[[ベトナム]]の一部)、[[ラオス]]および[[クメール共和国]](今の[[カンボジア]])から成る。)に[[タイ]]と[[ビルマ]]を含む地域。フランスからインドシナという場合には[[仏領インドシナ]]をさしている場合がある。
== フランスのインドシナ政策 ==
フランスは、[[清仏戦争]]([[1884年]] - [[1885年]])の後にアンナンとトンキンの主権を得た。仏領インドシナは1887年10月に、アンナン、トンキン、コーチシナおよびクメール共和国から成立した。ラオスは1893年に加えられ、連合は1954年まで続いた。インドシナの首都は[[ハノイ]]で、一連の[[傀儡]]皇帝が即位した。
 
[[第二次大戦]]中の1940年9月に、[[ビシー政権]]は[[日本]]のトンキンへの軍事アクセスの要求を認めた。これは直ちに[[日中戦争]]において[[蒋介石]]軍に対する日本に[[中国]]へのよりよいアクセスを与えた。それは日本の太平洋支配戦略の一部で、同盟国[[ドイツ]]が太平洋の[[オランダ]]およびフランス軍を破る際に大きな助けとなった。日本はインドシナ経営のためにフランスの官僚政治および首脳部を維持した。
 
1945年3月9日、フランスからドイツ軍は退却し、太平洋においては[[アメリカ軍]]の優勢下、日本はインドシナを完全に管理することを決定した。[[原子爆弾]]が8月に[[広島]]と[[長崎]]に落とされた後無条件降伏するまで、日本はその力を維持した。
 
戦後フランスはインドシナの再度の支配を試みたが、[[ベトミン]]との戦闘に入った。[[第二次大戦]]中にアメリカはベトミンを支援した。フランスが1945年3月にきっかけを与えたので、ベトミンは都市とは別に地方をコントロールしていた。1945年9月2日に、[[ホー・チ・ミン]]は皇帝[[バオ・ダイ]]の退位を説得した後、大統領として[[ベトナム民主共和国]]の独立を宣言した。
 
{{stub}}
7,965

回編集

案内メニュー