「片岡利明」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''片岡 利明'''(かたおか としあき、[[1948年]] - )は[[東アジア反日武装戦線]]の「狼」メンバー。現在の姓は「益永」。
 
[[開成高校]]から二浪して[[法政大学]]に入学。その後、教会ベ平連に参加し、バプテスト教会改革運動を行なう。全共闘運動を経て、[[大道寺将司]]と出会い、[[東アジア反日武装戦線]]に参加。爆弾製造の中心的役割をあたり、[[三菱重工爆破事件]]をはじめとする[[連続企業爆破事件]]を起こす。1975年35月19日に逮捕される。最高裁において1987年3月24日に死刑が確定した。
 
==関連項目==
75,131

回編集

案内メニュー