コンテンツにスキップ

「安宅清康」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
{{武士/開始|安宅清康}}
'''安宅清康'''(あたぎ きよやす、生年不詳-[[天正]]9年([[1581年]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将である。
{{武士/時代|戦国時代}}
{{武士/生誕|不明}}
{{武士/死没|[[天正]]9年([[1581年]])}}
{{武士/改名|貴康(別名)}}
{{武士/官位|[[河内国|河内]]守}}
{{武士/氏族|[[安宅氏]]}}
{{武士/父母|父:[[安宅冬康]]}}
{{武士/兄弟|[[安宅信康]]、'''安宅清康'''}}
{{武士/子|[[安宅重俊]]}}
{{武士/終了}}
 
'''安宅 清康'''(あたぎ きよやす、生年不詳-[[天正]]9年([[1581年]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]である。[[淡路国]]・[[洲本城]]、[[由良城]]を拠点に[[淡路水軍]]を率いた
別名に「貴康」とも。[[安宅冬康]]の二男で、[[安宅信康]]の弟。子に[[安宅重俊]]がいる。河内守を称した。
[[淡路国]]・[[洲本城]]、[[由良城]]を拠点に[[淡路水軍]]を率いた。
 
兄・信安宅冬康の死後、次男として生まれる。天正6年([[1578年]])、兄・信康が死去したため[[家督]]相続継いだ。兄の代から、安宅氏は[[織田信長]]に従属していたが、清康は、[[安芸国|安芸]][[毛利輝元]]に内応し、織田氏に敵対する動きを見せたことから、1581天正9(1581年)[[織田信長]]の命によって[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]、[[池田元助]]らの軍に攻撃を受け開城、降伏した。「[[太閤記]]」によれば、この後、元助に同道して安土へ行き、信長に所領を安堵されたというが、同年中に病死し、淡路安宅氏は滅亡した。
 
「[[太閤記]]」によれば、この後、元助に同道して安土へ行き、信長に所領を安堵されたとされている。しかし程なくして所領を没収されて紀伊に追放され、同年中に病死したため淡路安宅氏は滅亡した。
 
{{DEFAULTSORT:あたききよやす}}
[[category:三好氏]]
[[Category:安宅氏|きよやす]]
[[category:戦国武将]]
4,504

回編集