コンテンツにスキップ

「フィールドスコープ」の版間の差分

編集の要約なし
覗き込む角度によって、直視型のものと45°程度の傾斜型がある。組み込まれるプリズムはポロプリズムが多いが、ダハプリズムのものもある。
 
対物レンズは40-80mm程度のものが多い。色収差を避けるために[[蛍石レンズ]]や[[EDレンズ]]を採用したものもある。口径が大きいほど一般に解像力は上がり、精細な部分を観察できるが、携行性や重量の問題が出てくるため80mm程度が限度となっているようある。
 
倍率は15-60倍程度であり、ズーム機構で倍率可変のものもある。接眼レンズは交換できる場合とできない場合がある。
匿名利用者