「武蔵円明流」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''武蔵円明流'''(むさしえんめいりゅう)は、[[鳥取藩]]で伝えられた[[剣術]]の流派。'''神名武蔵政名流'''、'''岡本流'''とも言う[[剣術]]の呼ばれ、鳥取藩では'''武蔵'''と呼ばれることが多かった
 
==概要==
実質的な開祖は岡本正諠であるが、5代前の宮本武蔵政名を流祖としている。<br>
流祖は[[宮本政名|宮本武蔵政名]]([[岡本祐実|岡本馬之助祐実]]:改名)である。武蔵円明流の原祖は、[[兵道鏡円明流]](晩年:[[二天一流]])を創流した剣聖、[[宮本武蔵|宮本武蔵玄信]]である。
宮本武蔵政名(前名 [[岡本祐実|岡本馬之助祐実]])が、[[宮本武蔵|宮本武蔵玄信]]より極意を授かり円明流を学んで武蔵円明流を開いたとされるが、当流では円明流は宮本武蔵が開いた流派とせず、[[重源]](俗名:[[紀重定]])が[[源義経]]より極意を伝授されて円明流を開いたと伝えている。また、当流に伝わる伝承では[[陰流]]開祖の[[愛洲久忠]](愛洲移香斎)も円明流を学んだと伝えられている。
 
岡本馬之助祐実(後に宮本武蔵政名に改める)は、兄の岡本小四郎政名(後に宮本武蔵義貞に改める)とともに、宮本武蔵玄信より円明流の極意を伝承したとされる。ただし、宮本武蔵と岡本祐実との師弟関係が本当にあったかどうかについては疑問点も多く、[[綿谷雪]]も宮本武蔵と岡本祐実との師弟関係については信頼性が少ないとしている。
兵道鏡円明流の原祖は円明流の流祖の[[重源|俊乗坊重源]](俗名:[[紀重定|紀刑部左衛門尉重定]])であり、[[源義経]]より極意伝承を受けたとされている、一門には[[愛洲久忠]]([[愛洲移香斎]])がいる。
 
武蔵政名は宮本武蔵玄信より兄祐実の4代孫の岡本小四郎政名:改名、宮照方は岡武蔵義貞(武蔵 流祖胎術([[柔術|体術]]と伴に兵道鏡円明流の極意伝承編みだた。義貞は播磨地方で武蔵流を分派政名は鳥取美作地方で武蔵円明流を分派し、政名、5代孫:岡本堪兵衛正諠(鳥取池田藩剣術指南役)により鳥取地方ととも伝えた。、[[元文]]・[[寛保]]<!--元文寛保期と年が異なるためコメントアウト([[1763年]]~[[1743年]])-->頃、照方の子の[[岡本正諠]]は鳥取で[[東軍流]]の井村九郎三郎と試合をして勝ったことにより、鳥取藩に召し抱えられた。これにより、武蔵円明流が鳥取地方に伝えられた。正諠は父照方に祖伝来の円明流剣術ともに父が創めた岡本流、二刀剣法を合わせて武蔵円明流を大成させた。
 
岡本正諠は鳥取で[[巌流]]の小谷成福との試合に勝ち、敗れた小谷は岡本正諠の弟子となり、後に「岡門の八士」と呼ばれる8人の高弟の一人となった。岡本正諠の没後、武蔵円明流は鱸派、井尻派、羽田派などいくつかの系統に分かれて伝えられ、鳥取藩で隆盛した。
武蔵円明流は「[[武蔵円明流剣譜]]」、「武蔵円明流修行目録」、「武蔵円明流口授書」なる秘伝書とともに初代宗家、岡本堪兵衛正諠から伝えられた。現在、第13代武蔵円明流宗家師範、[[谷口覓]]より[[荒川公延]]が第15代武蔵円明流宗家師範を継承し伝えている。本来の武蔵円明流は体術(岡本流)も伝えていたが、体術は伝えていないようである。
 
現在は武蔵円明流鱸派の系統が現存しており、第13代の[[谷口覓]]より[[荒川公延]]が第15代を継承している。本来の武蔵円明流は体術(岡本流)も伝えていたが、現存する系統では体術は伝えていないようである。岡本正諠から伝えられた秘伝書『[[武蔵円明流剣譜]]』、『武蔵円明流修行目録』、『武蔵円明流口授書』も伝えられているという。
 
== 関連項目 ==
*[[二天一流]]
*[[二刀流]]
 
匿名利用者

案内メニュー