「ヴィルヘルム・オストヴァルト」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{thumbnail:ノーベル賞受賞者|1909年|ノーベル化学賞|触媒作用、化学平衡および反応速度に関する研究}}
{{thumbnail:end}}
'''フリードリヒ・ヴィルヘルム・オストヴァルト'''('''Friedrich Wilhelm Ostwald''', [[1853年]][[9月2日]] – [[1932年]][[4月3日]])は[[ドイツ]]の[[化学者]]。'''オストワルト'''とも呼ばれる。[[1909年]]、触媒作用・化学平衡・反応速度に関する業績が認められ、[[ノーベル化学賞]]を受賞した。
 
'''フリードリヒ・ヴィルヘルム・オストヴァルト'''('''Friedrich Wilhelm Ostwald''', [[1853年]][[9月2日]] – [[1932年]][[4月3日]])は[[ドイツ]]の[[化学者]]。オストワルトとも呼ばれる。[[1909年]]、触媒作用・化学平衡・反応速度に関する業績が認められ、[[ノーベル化学賞]]を受賞した。
 
== 略歴 ==
1853年、[[ロシア帝国|ロシア]]領の[[リガ]](現在は[[ラトビア]]領)で酒屋の主人の息子として生を受ける。
 
1875年に[[エストニア]]の[[タルトゥ大学]]を卒業した後、1875年から1887年までの間、[[リガ工業大学]]で教鞭をふるった。1887年から1906年まで、[[ライプツィヒ大学]]で教授を務めた。
化学でよく使われる[[モル]]という言葉の語源は、1900年ごろ、オストヴァルトが最初に用いたといわれている。オストヴァルトは、モルは[[理想気体]]と大きく関係していると考えた。しかし皮肉なことに、このモルの概念を思いついたことが直接、[[エルンスト・マッハ|マッハ]]らと[[原子論]]への反対を示す原因となった。
 
オストヴァルトは、化学者だけでなく、[[哲学者]]の一面も持ち合わせていた。また晩年には色彩に非常に興味をもち、[[%E8%89%B2%E7%A9%BA%E9%96%93色空間#.E3.82.AA.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AF.E3.83.AB.E3.83.88.E8.A1.A8.E8.89.B2.E7.B3.BBオストワルト表色系|オストワルトシステム]]と呼ばれる優れた色彩の評価方式を考えだした。
 
紙の寸法のA判の比 <math>1:\sqrt{2}</math> は、オストワルトが考案したものといわれている。
 
{{ノーベル化学賞受賞者 (1901年-1925年)}}
{{DEFAULTSORT:おすとうあると ういるへるむ}}
 
[[Category:ドイツの化学者|おすとうあると ういるへるむ]]
[[Category:ノーベル化学賞受賞者|おすとうあると ういるへるむ]]
[[Category:1853年生|おすとうあると ういるへるむバルト・ドイツ人]]
[[Category:19321853没|おすとうあると ういるへるむ]]
[[Category:リガ|おすとうあると ういるへるむ1932年没]]
[[Category:リガ]]
 
[[ar:فلهلم أوستفالت]]
匿名利用者

案内メニュー