コンテンツにスキップ

「立ち食いそば・うどん店」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[高速道路]]の[[サービスエリア]]や[[パーキングエリア]]、[[一般道路]]の[[道の駅]]などにある立食スタイルの軽食コーナーにも、そば・うどんの[[献立|メニュー]]があるので、広義にはこれらを含むこともできる。
 
2006年現在の相場で、具が[[ネギ|葱]]のみである「かけそば」「かけうどん」で200~300円程度であり、[[外食産業|外食]]の中では安価に提供されることも特徴とされる。
 
そば・うどんを知らない[[外国人]]や、地域による[[メニュー]]の違いを考慮して、メニューや[[看板]]に[[丼]]の写真を掲載している店もある。
基本的に客は店内のカウンター越しに[[厨房設備|厨房]]内にいる従業員へ料理を直接注文し、[[カウンター]]越しに出来上がった料理を直接受け取る。
 
かつては、出来上がった料理と引き換えに、[[従業員]]へ代金の[[現金]]を手渡しするスタイルが標準的であったが、近年では立ち食いそばチェーンの普及による金銭管理の徹底化、および[[保健所]]からの衛生上の観点による指導により、[[自動券売機#食券・入場券用|食券販売機]]を使用する店舗が増えている。また、[[東日本旅客鉄道|JR東日本]]の[[南関東|首都圏]]エリアの店舗では、[[電子マネー]]([[Suica]]・[[PASMO]])が利用できるものも登場している。ただし、トッピングの追加のみ現金可の場合も多いほか、今でも手渡しで全商品の代金収受を行っている店も少なくない。長距離列車の発着する[[プラットホーム|ホーム]]では、車内持込用の簡易[[容器]]を用意しているところもあり(地域によっては通勤・通学列車の発着ホームにもある)、その代金はおよそ20円程度である。
 
== 商品形態 ==
現在では味への要求から、市街地に立地する店を中心に[[生麺]]を用意し、注文後生麺から茹で上げる店も増えてきている。茹でたあと、冷たい水で麺のヌメリを取り締めるため、本来の味を楽しむことが出来る。だがこのような店でも、茹で上げる手間を減らし提供の早さを維持するため、一定量の麺を一度に茹で上げておく店では麺が伸びてしまっている場合もある。
 
[[関東地方|関東]]では概ね「そば・うどん」と表記されるように、そばがメインの商品として扱われてるが、これが[[近畿地方|関西]]になると「うどん・そば」との表記が増え、うどんがメイン商品として扱われている。ちなみに富山県のJRJR高岡駅の「今庄そば」には、丼に「そば」と「うどん」が一緒に入った「ちゃんぽん」というメニューがあり、ここが関東圏(そば)と関西圏(うどん)の境界とする意見もある。
 
=== つゆ ===
一般のそば・うどんがそうであるようと同様に、立ち食いそば・うどんでもつゆは、東日本では[[醤油#醤油の種類と特徴など|濃口醤油]]を用いた黒い色の関東風、西日本では[[醤油#醤油の種類と特徴など|薄口醤油]]の風味を生かした透き通った関西風が主流である。
 
[[日本海]]側での味付けの境界は概ね、[[直江津駅]]と[[富山駅]]とされる。しかし、富山駅のものにしても完全に関西風とは言い難い。[[金沢駅]]では汁が関西風になることや、[[富山県]]内にある高速道路の[[サービスエリア]]・[[パーキングエリア]]においては西進するにつれ徐々に味が関西風に近づいている<ref>[[新潟テレビ21]]「小野沢裕子のいきいきワイド」取材に基づく。</ref>ことなどを鑑みると、立ち食いにおいては富山県内が境界である可能性が高い。
 
太平洋側では、[[静岡県]]が全県で関東風、[[三重県]]は名古屋の影響の強い東部でも[[薄口醤油]]による関西風のつゆが主流であるため、[[愛知県]]を境界とする説が濃厚である。同じ愛知でも、[[豊橋市|豊橋]]など[[三河国|東三河地方]]では、静岡県と同様の「鰹出汁に濃口醤油」の関東風そのものだが、[[名古屋]]や[[岡崎市|岡崎]]など[[尾張国|尾張地方]]・[[三河国|西三河地方]]では[[味醂]]等の甘味が効いた独特な「名古屋風」のつゆである。ただしそれも濃口醤油ベースのため、広義では関東風に含めることが多い。
 
内陸部の[[米原駅]]の立ち食い店は、薄口醤油の風味を生かした、明らかに関西風のつゆの立ち食い店である。[[東海道本線]]沿線で米原の東隣に位置する立ち食い店設置駅はかつては[[大垣駅]]、2006年現在では[[岐阜駅]]で、いずれも濃口醤油ベースの名古屋風つゆの店である。この事から立ち食いそば・うどん店のつゆもまた、「[[関ケ原町|関ヶ原]]」が東西の境目になっていると言える。
 
[[2000年]][[12月22日]]に放送された『[[タモリ倶楽部]] さよなら20世紀SPECIAL』([[テレビ朝日]]、90分拡大SP)の企画で、[[東海道新幹線]]各駅のうどんだしの濃さを調査し際、関東~東海にかけては所謂関東風で、特に[[小田原駅]]から[[豊橋駅]]までが最も濃く、また西に進むにつれむしろ濃くなっていった。豊橋駅の次の[[三河安城駅]]でやや薄くなる変化が現れ始め、[[名古屋駅]]は三河安城駅とほぼ同じ、その隣の[[岐阜羽島駅]]ではそれより更に薄くなり、次の[[米原駅]]からは完全な関西風の薄いだしになるという結果だった<ref>[http://www6.plala.or.jp/gene/tamori.htm 『タモリ倶楽部のへや』] [http://www6.plala.or.jp/gene/tamori/review/007.htm 番組レビュー2000年12月22日]参照。なお、番組レビューページの日付は「1月22日」となっているが実際は間違いであり、この[http://www6.plala.or.jp/gene/tamori/freview.htm HPサイトのフレーム]や[http://www5a.biglobe.ne.jp/~accent/kazeno/calendar/2000.htm 2000年のカレンダー]やこの放送のサブタイトルなどから'''12月22日'''が正解のしい模様。</ref>。また、2001年10月28日放送『[[所さんの目がテン!]]』(テーマ:大阪うどん うす味の謎)でも同様の調査が行われ、同じくやはり米原駅で関西風に切り替わるという果とな論に至ていた<ref name="megaten">[[所さんの目がテン!]] 2001年10月28日放送 [http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/01/10/1028.html 大阪うどん うす味の謎(第604回)]より。</ref>。
 
なお、例外的に関東でも関西風のつゆを出す店はある。関東の駅で主流の[[日本レストランエンタプライズ]](NRE)の店の一部では、そば・うどんともにつゆを関東風・関西風から選択可能である。ただし、ネギはすべて関東で主流の白ネギを用いており、青ネギを用いる関西風のうどんとは厳密には異なるため、つゆのみが変わる事で「関西風」とされる事には異論もある。
 
=== 種物・薬味 ===
* 立ち食い店における[[天ぷら]]とは基本的に[[掻き揚げ]]のことを指すが、この由来は立ち食いそば発祥の頃にまで遡る。当時はつゆにあまりコストを掛けられなかったため[[出汁]]が薄く[[醤油]]味の濃いつゆが多かった。しかしそのままでは塩辛くて食べ難いため、種物の中でも油分の多い掻き揚げを載せることでつゆと麺を油分の甘味で結びつけ、食べ易くしたことによる。また、立ち食いでない店に比べて薄利多売であるため、廉価で供するために天ぷらを掻き揚げにする事情もある。薄く柔らかい揚げ置きの既製品を使用する店もあるが、店内で揚げるスタイルの店も増えている。天ぷらの素材は、チェーン店では業務用の冷凍製品が用いられるが、小規模の個人店舗ではオリジナルの材料や揚げ方などにより独自性を発揮している例も多い。チェーン店でも「薬膳天」なる独自種物があるところ(梅もと)がある。
* 一般のそば・うどん店と同様、[[天かす]](揚げ玉)や[[油揚げ]]も種物として一般的。関東では天かすが乗れば「[[たぬき (麺類)|たぬきそば・うどん]]」、具が油揚げに変われば「[[きつね (麺類)|きつねそば・うどん]]」となるが、関西(主に[[大阪]])では、うどんに油揚げが乗れば「きつね」、そばに油揚げでは「たぬき」と呼ぶのもやはり同様である。大阪では揚げ玉が乗ったものを「[[ハイカラ]]うどん」「ハイカラそば」、京都では「あんかけうどん」「あんかけそば」などとも称するが、天かす入れ放題の店もあり、特に名称がない場合も多い。
* 以前はサービスの一形態として、カウンター上に葱や天かすが盛られた容器があり、客が自分で好きなだけ入れられる店も多く存在したが、最近は減少している。
* 一般のそば・うどん店よりも種物のバラエティに富む店もある。[[箱根そば]]チェーンの2006年までの夏季限定メニュー「冷やし豆腐一丁」は、冷やし麺に絹ごし[[豆腐]]を一丁そのまま載せたもの<!--(他に揚げ玉、[[ワカメ|わかめ]]、おろし[[ショウガ|生姜]]、葱等が添えられる)-->それまで一般の店には全く見られなかった種物である<!--(ただし2007年夏季は野菜天との組み合わせとなり「豆腐一丁」ではなくなった)-->。その一方で、利用者が多くない店舗では、極端に種物を絞る店も多い。たとえば、種物として[[鶏卵|卵]]と掻き揚げしか用意せず、かけ・天ぷら・月見・天玉の4つしかメニューがない店もある。これらの種物は[[冷蔵庫]]で保管すれば複数日に渡って保存可能で、コスト削減の一環である。
* 立ち食い店において[[コロッケ]]を種物として採用したのは[[神奈川県]]内の駅の店とされる。このコロッケそば・うどんは[[首都圏]]各地へと広まったが、これが浸透している地域には限りがある。そのため、他地域に在住している人間からは、うどんやそばにコロッケをトッピングすることが信じられないと言われることが多い。駅そばで提供されるコロッケはそば・うどん用に衣が厚く硬く作られており、イモ部分も水分が少なく、じっくり汁に浸してからでないと箸を通せないようにできている。なお、小田急電鉄の「箱根そば」ではコロッケはカレー味の「カレーコロッケ」になっている。
* 首都圏では「肉うどん」に[[豚肉]]を使用、牛肉を使用したものは「牛肉そば」としている店舗もあり、「肉=牛肉」と考える関西以西の出身者は驚くことがある。これは、関東では関西と比較すると[[養豚]]が盛んであったことが要因とされ、関東と関西の文化の違いを窺わせる。
 
=== 冷やし ===
一般的なそば・うどん店では普通に供される冷やしメニューは、置かないか、置いても夏季限定とする店が多い。これは、一度暖めた麺をもう一度流水で冷やす手間がかかり、客回転の点からも好ましくないからである。価格も高めに設定されている。常備メニューにあっても多くは「冷やし[[たぬき (麺類)|たぬき]]」か「冷やし[[きつね (麺類)|きつね]]」が一般的だが、これは「ざる」・「もり」は麺を冷やす手間に加え、[[蒸篭]](せいろ)とつゆを入れる容器を用意する煩雑さを嫌われることと、他のメニューと具材が共用できないためである。しかし、冷たい汁でどんぶりスタイルのメニューもあるが、具材が共有できても、価格が暖かい麺と同じであることは少ない。反面、「冷やし」メニューが通年提供の店も一部にはある。
 
=== 飯物 ===
 
=== その他の麺類 ===
定常メニューとして[[ラーメン]]がある店舗もある。そば・うどんと同じネタをトッピングすることが可能である場合が多い。[[きしめん]]などの地域性に富むものや、季節限定で夏季に[[素麺]]・[[ひやむぎ|冷麦]]を出すところもある。
 
また、そば・うどんを全く置かないため本項で語るべき範疇からは外れるが、ラーメン専門の立ち食い店も<!--、[[春日部駅]]・[[西新井駅]]・[[西国分寺駅]]・[[川崎駅]]<!--後述のホームラーメンは無くなったが、現在は「直久」[http://www.naokyu.com/1160715889718/]という立ち食いラーメン店がある- ->・[[小倉駅 (福岡県)|小倉駅]]・[[博多駅]]など-->各地に存在する。かつては「ホームラーメン」という名称の立ち食いラーメンチェーン店が[[秋葉原駅]]・[[浜松町駅]]などの構内にあったが、現在は存在しない。
 
== 各地の特徴 ==
[[画像:宗谷本線_(31).JPG|thumb|240px|音威子府駅駅蕎麦。鉄道ファンの人気は高く、旅行雑誌やテレビでもよく紹介される。]]
* [[北海道]]の立ち食い店における天ぷらは、揚げ玉を円盤状に固め、表面に乾燥小海老がついたものが多く見受けられる。[[鳴門巻き|ナルト]]は、外側の波型の部分が赤色で、中の渦巻きの絵柄が緑色をしたものがほとんどである。
* [[音威子府駅]]の濃い黒色をした蕎麦は[[テレビ番組|テレビ]]や[[雑誌]]などでも取り上げられ、有名であ良く知られている。ただし営業時間、営業日は不定。駅前右側の商店においても販売されている。
* [[新得駅]]のそばは、音威子府駅のものと同様に手打そばであり、定評がある。昼食時には旅行者だけでなく地元民にも食されている。
* [[遠軽駅]]では、定番メニューのきつねそば・うどんはない代わりに、[[アイガモ|合鴨]]そばやスペシャル(卵、かきあげ、山菜、あいがも入りのスペシャルというオリジナルメニューがある。
* [[札幌駅]]では、通勤電車の発着ホームも含めて全てのホームの店で車内持ち込み用の容器が売られている。また、店の作りも屋内にあるのは厨房のみでカウンターは屋外にある。かつて構内飲食店が他にほとんどなかっ頃は、冬場は発車まで時間があっても、寒風に晒されるホームを避けて車内で食すために利用する客も少なくなかった
 
=== 東北 ===
 
=== 関東 ===
* [[JR]]では以前は各駅毎に様々な業者が入り営業していたが、1990年代半ば頃からこれらの業者を排除し、'''[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)の[[連結子会社]]であるNREとへと統合'''してきた。これにより仕入れを共通化でき原価を低減させたが、個性がなく批判的に受け止める人が多い。NREではこの批判の声を受け、近年は各地へ出店の際に、独自メニューが含まれたり、具の内容が異なる店も出現している。また、多くは「あじさい茶屋」の名称だが、最近では別の名称で出店している駅もあり、東京近辺を中心に様々な駅に出店している。[[秋葉原駅]]など一部の駅には生そばを扱う「生そば  あじさい茶屋」もあり、麺やつゆの質が向上している分、通常の店より数十円価格が高い。
** 具の内容が異なる店として、品川店のみの「しながわ」、西船橋店では他店と異なるかき揚げを使用、などがある。
**「あじさい茶屋」以外の名称で出店している駅としては[[錦糸町駅]]の「本所そば」、品川駅の「しながわそば」、[[吉祥寺駅]]の「そば処 井の頭」などがある。
* JR東日本系列の[[ジェイアール東日本フードビジネス]](JEFB)も独自に「あずみ」「生そば あずみ」を展開しており、同じ駅にNREの「あじさい茶屋」や前述の讃岐うどん店が共存することがある。その他、JR東日本直営系では、各支社子会社であるジェイアール東京企画開発、ジェイアール宇都宮企画開発が展開する「喜多そば」、ジェイアール神奈川企画開発、ジェイアールかいじ企画開発が展開する「小竹林(旧・そばたいむ小竹林)」があり、旧各鉄道管理局直営店舗となっている。
** 小竹林の特徴として冷凍麺を使用している。特にそばは独特の食感があるので人により評価が分かれやすい。
* [[品川駅]]構内の立ち食いそばはホームや場所ごとに内容が全て異なる。駅弁業者でもある[[常盤軒]]が営業する[[湘南電車|東海道本線]]下りホーム10号車付近の立ち食いそばには、かけそばがない代わりに「お好みそば」がある。注文すると葱さえも盛られていない「そば・うどん」(2008年2月現在、生卵もしくはゆで卵は無料サービス)が提供され、そこに刻みネギ・わかめ・[[鰹節]]・揚げ玉・きつね・[[ごぼう]][[天麩羅|天]]・[[さんま]]天など、複数用意された種物を好きなだけ載せて食べることができる。2008年現在、生卵もしくはゆで卵1個が無料サービスされている。1杯380円のため、全く種物を載せずに食べると他の立ち食い店に比べて割高となるので、客は皆かなり多めに種物を入れる傾向にある。
* [[立川駅]]ホームの立ち食い店(奥多摩そば)には「おでんそば・うどん」がある。甘辛く煮た[[薩摩揚げ]]が種物として載せられている。
* 東京都心に乗り入れるJRの路線でも、常磐線の駅には山手線等と重複する[[上野駅]]と[[日暮里駅]]を除けば、NRE・JEFBの立ち食いそば・うどん店は1店も全く存在しない。JR系列では[[東日本キヨスク]]が運営する店があるのみで、他は業者もまちまちで、比較的変化に富んでいる。
* [[常磐線]][[我孫子駅 (千葉県)|我孫子駅]]では[[ニワトリ|鶏]]の[[唐揚げ|から揚げ]]が載った「から揚げそば」が有名である。営んでいる[[弥生軒]]はかつては駅弁業者で、過去に[[画家]]の[[山下清]]が働いていた。
<!--* [[千葉駅]]の構内には、同駅などで駅弁を調製・販売している[[万葉軒]]が運営する立ち食いそば店と、立ち食いラーメン店「いっつも」がある。 ←「各地の特徴」ではない-->
* [[茨城県]]内の主要駅では[[納豆]]そば(うどん)が食べられる。
* [[水戸駅]]の[[けんちん汁|けんちん]]そば(うどん)は、冬季メニューとして伝統がある。
* [[宇都宮駅]]の「野州そば」では[[餃子]]そばが食べられる。
* [[新前橋駅]]にある「麦和楽」(むぎわら)のうどん・そばは、自社麺房の手打麺を使用している。
* [[民鉄|私鉄]]の場合、その[[鉄道事業者|鉄道会社]]の系列の店が出店する傾向が強い。[[小田急電鉄]]の「[[箱根そば]]」などが代表格である。無論、鉄道会社とは直接関係のない業者が出店する場合も多々ある。また、[[京浜急行電鉄]]の「えきめんや」は店の[[屋号]]が統一されているだけであり、実際は各駅様々な業者が運営している。このほかに、[[東京急行電鉄]]の「[[渋谷しぶそば]]」、[[京王電鉄]]の「[[高幡そば]]」、[[西武鉄道]]の「[[狭山そば]]」、[[東京地下鉄]](東京メトロ)の「ちかてつそば」(主に駅敷地内の地上で展開、運営はメトロフードサービス)、[[関東鉄道]]の関鉄プラザなどがある<!--大手町や錦糸町では地下にあるので-->。鉄道会社とは直接関係のない業者が出店する場合も多々ある。[[京浜急行電鉄]]の「えきめんや」は店の[[屋号]]が統一されているだけで、実際は各駅様々な業者が運営している。
* [[東武伊勢崎線]]内4駅([[西新井駅]]、[[春日部駅]]、[[久喜駅]]、[[館林駅]])の構内には立ち食いラーメン店があるが、このうち久喜駅の店舗ではラーメンの他、そば・うどんも取り扱っている。それ以外東武鉄道3店舗は駅の立ち食いラーメン専門で店は他に<!--[[西新井駅]][[春日部駅]]、[[館林駅]]の-->3店舗存在するが、いずれもそば・うどんは取り扱っていない。
* 立ち食い店で初めて生麺を導入したのは、1987年、[[名代 富士そば#特徴|富士そば」(1987年)]]である<ref name="yomi">読売新聞ジョブサーチ2007年3月28日[http://job.yomiuri.co.jp/interview/jo_in_07032801.cfm 演歌に癒やされ、そばに真心]より。</ref><ref>とされる。「[http://www.k-mitsuwa.co.jp/komorodiv/index.html 小諸そば]」を生麺導入の先駆け的存在とした記事もある<ref>[http://www.president.co.jp/dan/20011200/01.html 記事(dancyudancyu 2001年12月号]もある。</ref>が詳細は不明。</ref>
* 首都圏の主な駅周辺には「[[名代 富士そば|富士そば]]」チェーンや「梅もと」の店舗がよく見られる。
 
=== 甲信越 ===
* [[新潟県]]の[[直江津駅]]、[[燕三条駅]]にあるNREの店舗には、[[鹹水]]を使った黄色い中華風の麺が濃い口の和風つゆに入っている一風変わった「和風中華」がある。また直江津駅南口近くにあるセルフ形式の「塚田そば店」にはそば・うどんの他、前述の和風中華と同様の「中か」がある。
* [[新潟駅]]万代口の「やなぎ庵」には、[[中華麺]]と[[チャーシュー]]、[[メンマ]]などラーメンの具材を冷やした[[和風]]つゆで食べる「[[冷やしラーメン|冷しラーメン]]」がある。かつては[[長岡駅]]にも同名店舗が存在したが、2007年春の駅舎改修に伴い「長岡庵」に改称し、現在は冷しラーメンは取り扱っていない。
* [[新潟市]][[中央区 (新潟市)|中央区]]の[[万代シテイバスセンター]]構内にある立ち食いそばコーナーは、前身のバスステーションビル以来約50年の歴史を有する老舗である。特にカレーライスが名物として知られ、昼のうちに売り切れとなる日もあるなど人気が高い。持ち帰り容器を各自で用意すれば、[[カレーソース]]だけの持ち帰りも可能。なお、そば・うどんには刻み焼き[[海苔]]をトッピングして供される。
* 同じく新潟県の[[国道7号]][[新潟バイパス|新新バイパス]]・[[道の駅豊栄]]には、甘辛く煮付けた[[厚揚げ]]が一丁入った「ジャンボ狐そば・うどん」が、[[北陸自動車道]]・[[栄パーキングエリア]]には、近隣の[[長岡市]]栃尾地区の名物・[[油揚げ|ジャンボあぶらげ]]が入った「大ぎつねそば・うどん」がある。
* [[長野県]]の[[しなの鉄道]](旧[[信越本線]])の[[軽井沢駅]]改札前の待合室に併設されている[[荻野屋|おぎのや]]が経営する駅そばは、注文毎に生麺から茹でるタイプのものである。
* [[上田駅]]の[[上田電鉄別所線]]改札前にも、注文毎に生麺から茹でる店舗がある。
 
=== 北陸 ===
* 富山駅にある「立山そば」(「[[ますのすし]]」で知られる株式会社源が運営する、富山駅にある「立山そば」のホーム内店舗では車内持込用の容器を用意していない代わりに持ち込み料金を払うことで丼ごと販売されている。
* 富山県の[[高岡駅]]にある「今庄そば」(今庄は経営者の[[姓]])ではそばとうどんを一緒に盛り付けたメニューを「チャンポン」と称して供する。また、副食として供される[[おむすび|おにぎり]]は、主にこの地域でしか見られない、[[とろろ昆布]]巻きのおにぎりも売られており、人気も高い。
* [[福井駅 (福井県)|福井駅]]のうどん・そばは、[[鰹節]]を散らすのが特徴。
 
=== 東海 ===
* [[静岡県]]では、鉄道駅での営業もさることながら、[[市街地]]や[[国道]]沿いなどさまざまな場所に立ち食いそば・うどん店が存在する。静岡が[[サクラエビ]]や[[シラス]]の産地であることから、サクラエビやシラスの掻き揚げ天ぷらを乗せたそば・うどんが普通である{{要出典}}。なお、[[静岡]]内全域で立ち食い店のつゆは関東風にいりこだしを加えた甘めのものであが使われる。
* [[豊橋駅]]の「壷屋」ではすべてのメニューにきざんだ油揚げがのっている。これは[[豊川稲荷]]にちなんだもので、同弁当部でも稲荷寿司を販売している。
* [[名古屋駅]]ホーム上の立ち食い[[きしめん]]は有名で、中でも[[東海道新幹線|新幹線]]ホーム(4号車付近)の店舗が美味と好評である。この店舗は、他ホーム(在来線)と異なり、店舗内で出汁を取っているのが旨さの秘訣とされる。ただし駅構内全ての店できしめんを扱っている訳ではない。
* [[松阪駅]]では[[牛肉]]を用いた肉うどんの人気が高いようである。また、[[伊勢うどん]]を食べられる。伊勢うどんを出す店はかつては伊勢市駅にもあったが、現存しない。
 
[[画像:Himeji ekisoba.jpg|thumb|250px|姫路駅名物「えきそば」。鹹水を使用しているため、麺が黄色い]]
* [[JR]][[姫路駅]]構内の「[[姫路駅#えきそば|えきそば]]」(店名)は、前述の[[直江津駅]]、[[燕三条駅]]と同様に中華麺が薄口の和風つゆに入っており、同駅の名物となっている<ref>[http://www.vzhyogo.com/~maneki/ekisobanohanasi/ekisobastory.htm 駅そばの話(まねき食品株式会社)]</ref>。こうした中華麺を使用したそばは、近畿地方では[[大衆食堂]]や[[学食]]などにおいてもしばしば散見され、蕎麦粉を用いた通常のそば(和そば、黒そば)と区別するために「黄そば」(きそば、きぃそば)と呼ばれる。
* 関西の[[私鉄]]駅構内の立ち食いそば・うどん店は、メニューはうどんが先に記されている場合がほとんどであるにも関わらず、[[阪急電鉄]]の「[[阪急そば]]」、[[阪神電気鉄道]]の「阪神そば」、[[南海電気鉄道]]の「南海そば」(ただし[[新今宮駅]]のみ「戎そば」)、[[山陽電気鉄道]]の「山陽そば」、[[神戸高速鉄道]]の「高速そば」など、蕎麦が無いと誤解されないために店名が「○○そば」の例が多い。なお、[[京阪電気鉄道]]では「[[麺座]]」で、店名に「そば」も「うどん」もつかないが、かつては[[枚方市駅]]にのみ「京阪そば」があった。[[近畿日本鉄道]]は駅ごとに店名が異なりそれぞれ「麺と串」([[難波駅]])、上本町と串[[上本町駅 (大阪府)|上本町駅]])、うどん亭上本町麺類[[鶴橋駅]])、阿倍野庵うどん亭[[大阪阿部野橋駅]])であが「阿倍野庵」と、駅ごとに店名が異なる。いずれの店でも提供されるのは、当然ながら純然たる関西風のつゆによるそば・うどんである。
* [[京阪神]]地区には駅のそばや商店街などに大阪誠和食品グループが経営する「都そば」という立ち食いそば・うどん店がある(屋号は○に"")。素うどん(かけうどん)を180~200円と安価で提供しているのが特徴。ラーメンも販売している。東京の誠和食品が経営する同系列店は、秋葉原などにも数店舗存在している。
* 「天ぷらそば」は、店員に「天そ」と略されることが多い。
* [[神戸市|神戸]]地区の高速そば・山陽そば等を中心に「ぽっかけ」うどん(そば)というものがあり、スジ肉をじっくり煮込んだものがトッピングされる。
* [[広島駅]]では、[[駅弁]]業者の[[広島駅弁当]]が1番[[プラットホーム|ホーム]]、4・5番ホーム、7・8・9番ホームで営業しているが、地元民の噂によると1番ホームが最も美味しいとの評判が出ている。しかし、実際はどのホームも全く同じメニューやスープを供している。また、1番ホームの店が最も遅くまで営業している。<br/>[[新幹線]]ホームの店は「味一」という屋号である。過去に[[横川駅 (広島県)|横川駅]]に同一名称のJR直営立ち食いうどん店が存在した事から、この店も同様と推測される。<br/>過去には「広島駅弁当」が[[可部線]]の[[下祇園駅]]の駅舎近くでも立ち食いうどん店を経営していた。現在は居酒屋となっており、うどんは取り扱っているが立ち食いではない。
* [[徳山駅]]の[[肉うどん]]は、肉の出汁がスープに染みて、美味しいと高評価である。
* [[下関駅]]ホームの店には並うどん・そばが無く、メニューはふくてん、かやく、てんぷらの3種で、並うどん・そばが無い。名産の[[フグ|ふぐ]](しろさばふぐ)を用いたふく天うどんが人気であり、東京発九州方面行き[[ブルートレイン (日本)|ブルートレイン]]が[[機関車]]の付け替えで長時間停車している時には、[[朝食]]代わりに多数買い求める客が多い。また、[[かやく]]うどんも一部の愛好者には評価が高い。
 
=== 四国 ===
* [[讃岐うどん]]の文化が根強くうどんのみの店が多く、そばがある場合でもうどんの金額に50円~100円の追加が必要な場合もある。店内には椅子席が中心のため立ち食い式も少ない。しかし[[阿波池田駅]]の祖谷そばなど例外もある。
* [[高松駅 (香川県)|高松駅]]の構内では、かつて[[宇高連絡船]]の甲板で営業していたうどん店が立ち食いで営業しており、連絡船時代の味を残している。ただし、当時の味を再現したものであり、麺だけはJR四国グループのうどん店「[[めりけんや]]」が作ったものである。そのため、雰囲気を重視するか、味を重視するかで賛否が分かれるが、連絡船のうどんを知らない観光客には、おしなべて好評の様子。
* [[松山駅 (愛媛県)|松山駅]]の構内では、[[愛媛県]]名物の[[じゃこ天]]うどん(そば)が好評。
 
=== 九州 ===
* うどん中心の地域であり、うどん麺は常にすぐ出せるように準備されているが、蕎麦はすぐ出せないという店が多い。
* [[九州地方]]の立ち食い店で特徴的な種物としては「ごぼう天(「ごぼ天」とも言う)と「丸天」が挙げられる。「ごぼう天」とは、主に[[ゴボウ]]の[[掻き揚げ]]を指すが、斜め切りまたは拍子木切りにして個別に揚げたものを用いる地域もあり、シャキシャキとした食感が好まれる。また「丸天」とは[[薩摩揚げ]]に似た大判の[[蒲鉾]]天ぷらの事である。甘みは薩摩揚げほどではなく、また前述の立川駅で見られる「おでん」とは異なり、特に味付はなされていない。
* 「天ぷらうどん」あるいは「天ぷらそば」を注文すると、上記の「丸天」が乗って出てくる場合がある。
* 九州地方の立ち食い店では、大抵[[プラスチック]]製の丼で供され、わずかな容器代を追加すれば車内に持ち込む事も可能である。
* [[福岡県]]を中心とした北部九州地区では、柔らかい食感とやや平たい断面が特徴的の「博多うどん」が提供される。また、北部九州の代表的な[[駅弁]]の「[[かしわめし弁当|かしわめし]]」を販売する業者が駅のうどん店を営業している場合が多く、葱以外に具のない「かけ」を注文した場合でも、「[[鶏肉]]」鶏肉の細切れを甘辛く煮た「かしわ」が入っている場合が多い。
* [[博多駅]]では、葱を客が好きなだけトッピングするシステムとなっている。かしわと葱のトッピングは、ホームによって異なる。
* かしわうどんは[[小倉駅 (福岡県)|小倉駅]]「[[ぷらっとぴっと]]」も人気がある。[[漫画]]『[[クッキングパパ]]』でも紹介された。
* [[熊本駅]]0番ホームではかつて、[[阿蘇山|阿蘇]][[名物]]の[[高菜]]を載せた、「高菜うどん(そば)」が味わえたが、現存しない。また、[[九州新幹線]]建設のあおりを受けて、ホームが改装・整備され、立ち食いうどん店その物がない。
* [[九州地方]]の立ち食い店で特徴的な種物に「ごぼう天(「ごぼ天」とも言う)」と「丸天」が挙げられる。「ごぼう天」とは、主に[[ゴボウ]]の[[掻き揚げ]]を指すが、斜め切り又は拍子木切りにして個別に揚げたものを用いる地域もあり、シャキシャキとした食感が好まれる。また「丸天」とは[[薩摩揚げ]]に似た大判の[[蒲鉾]]天ぷらの事である。甘みは薩摩揚げほどではなく、また前述の立川駅で見られる「おでん」とは異なり、特に味付はなされていない。
* 「天ぷらうどん」あるいは「天ぷらそば」を注文すると、上記の「丸天」が乗って出てくる場合がある。
* 九州地方の立ち食い店では、大抵[[プラスチック]]製の丼で供され、わずかな容器代を追加すれば車内に持ち込む事も可能である。
 
=== 沖縄 ===
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}<div class="references-small"><references /></div>
 
== 関連項目 ==
匿名利用者