「韻母」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''韻母'''(いんぼ)とは、[[中国語]]の漢字音の構成要素の一。[[声母]]の後に続き[[声調]]を除いた部分。'''介音・主'''([[母音]]'''主母音'''・'''韻尾と、[[声調]]'''(語尾子音)で構成される。例として、「東」字の発音は現代中国語の北京語では dōng (dong1) と表記されるが、このうち d は声母、-ong(1) が韻母である。この場合、介音はゼロで、-o-が主母音、-ngが韻尾、(1)が声調である。
 
==古代中国語==
漢詩で韻を踏む場合韻母をそろえることが必要であるが、介音は必ずしも一致する必要は無く、主母音と韻尾、声調が一致していなければならない。
「[[韻書]]」で使われる韻字には平・上・去・入の[[声調]]の違いによって異なる字が使われた。語尾子音のうち[k][p][t]は韻尾[ŋ][m][n]の[[入声]]とされ、[ŋ]と[k]、[m]と[p]、[n]と[t]はそれぞれ同じ韻尾と考えられている。
 
[[漢詩]]で韻を踏む場合韻母をそろえることが必要であるが、介音は必ずしも一致する必要は無く、主母音と韻尾、声調が一致していなければならない。
匿名利用者

案内メニュー