「久夛良木健」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m (→‎発言: 脚注の位置を修正)
m
[[2006年]]に自身が念願であった10億円の豪邸を建てたとして話題になった。
 
[[2004年]]4月には、[[TIME]]誌が公表した「世界で最も影響ある100人」に選ばれるものの<ref>米[[TIME]]誌, 2004年4月, [http://www.time.com/time/2004/time100/index.html 世界で最も影響力のある人物100人(The Time 100)]</ref>、そのわずか2年後の[[2006年]]6月には、[[CNN]]が公表した「重要ではない人物10人」の中の4人目として選ばれた<ref>米[[Cable_News_Network|CNN]], 2006年, [http://money.cnn.com/popups/2006/biz2/peoplewhodontmatter/frameset.exclude.html 重要でない人物世界トップ10 (10 People Who Don't Matter)]</ref>。
 
[[2007年]][[6月19日]]には、SCEグループCEOを退任し、名誉会長に就任。後任には、SCE社長兼グループCOOの[[平井一夫]]が就任する。これにより、久夛良木はSCE役員職から退くこととなった。SCEグループCEOとしての最後の仕事は、PSP-2000開発であった。
 
[[2007年]][[11月26日]]、ビデオゲームの振興を目指す非営利団体Academy of Interactive Arts & Sciences([[AIAS]])は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の前社長兼CEOである久夛良木健名誉会長に「特別功労賞(Lifetime Achievement Award)」を授与すると発表した。プレイステーションにより、世界中の家庭内エンターテインメントを革新したとして、同氏の功績を評価しての受賞となった。<ref>ITmedia, 2007年11月27日,[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/27/news011.html 「プレステの父」久夛良木氏、特別功労賞を受賞]</ref>
 
==発言==
<!--;久夛良木本人の語録-->
*[[1999年]]4月19日 - [[ファミリーコンピュータ|ファミコン]]で[[音楽]]なんてやれない。普通の人はそれで感動しない<ref>ASCII24, 1999年4月19日, [http://ascii24.com/news/i/keyp/article/1999/04/19/602431-000.html これがプレステ2だ!―SCE久多良木健氏インタビュー―]</ref>。
*[[2004年]]5月18日 - 報道陣の「PSXの世間の評判についてどう思うか」という質問に対し、「何言ってんだと思った。家族はみんなPSXを使っている。」(自身の家族を言ったのか、各世帯を言ったのかは不明)
*[[2005年]]1月24日 - [[プレイステーション・ポータブル|PSP]]のボタンを押しても反応しない事があり、設計に問題があるという声に対し、「'''仕様に合わせて貰うしかない。'''世界で一番美しい物を作った。著名[[建築家]]が書いた図面に対して[[門]]の位置がおかしいと難癖をつける人はいない。それと同じこと。」と語った<ref>日経BP, 2005年1月24日, [http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20060308/100586/ 「それがPSPの仕様だ」久多良木SCE社長、ゲーム機不具合騒動を一蹴]</ref>。しかし、数ヵ月後にこの事実をSCEが不具合と認め、無償修理となった。
*[[2005年]]5月27日 - [[朝日新聞]]にて[[プレイステーション3|PS3]]に対し、「[[BMW]]に[[フェラーリ]]の[[エンジン]]を載せるようなもの。[[任天堂]]はかわいい新型のファミリー車あたりか。」(この年、エンジン・エキスポ2005にて、BMWはエンジンオブザイヤーで賞を独占している<ref>レスポンス, 2005年6月2日, [http://response.jp/issue/2005/0602/article71231_1.html BMW、エンジンオブザイヤーで賞を独占]</ref>。)
*[[2006年]]5月9日 - PS3の価格に対して、「高価なレストランで食事をした時の代金と、 社員食堂での食事の代金を比べるのはナンセンスですよね?これは極端な例ですが、まさにそういうことなのです。」<ref>ITmedia, 2006年5月9日, [http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0605/09/news046.html やっとすべてを発表できた――SCE久夛良木健氏プレスイベント直後インタビュー]</ref>
*[[2007年]]9月20日 - 任天堂「Wii(ウイー)」の後塵(こうじん)を拝している現状に対して、「(PS3は)少し先を行き過ぎたかもしれない」とする一方で、「日本の電機メーカーは進化が止まっている印象がある。[[グーグル]]や[[マイクロソフト]]などパソコンの世界も同じだ」といらだちを見せた。「投資ファンドが常にエグジット(資金回収)を求め、利益の伸びが少し鈍ると株は売り浴びせられ、『[[2ちゃんねる]]』でたたかれる。やりたいことができない」という現実があると指摘。「若い人も株式公開など小さなサクセスで満足してしまう」と苦言を呈した<ref>ITmedia, 2007年9月21日,[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/21/news052.html 久夛良木氏語る「2chでたたかれる」「少し先を行き過ぎたかも」]</ref>。
 
<!--
;久夛良木に関連する人物の語録
*[[ジャック・トレットン]](SCEエグゼクティブVP兼Co-COO)
:[[2006年]]11月 - 「PSPは据え置き機で言うプレイステーションそのものであり、ゲームの人口を拡大させた。発売から17ヶ月の状況を見ると、[[ニンテンドーDS]]は[[PSP]]だけでなく、他のプラットフォームにも負けており、'''任天堂はユーザーを失いつつある。'''」(PSPは、日本ほどではないが米国でもDSに大きな差をつけられている)<ref>engadget, 2006年11月25日, [http://japanese.engadget.com/2006/09/25/scea-tretton-says-psp/ ソニー「任天堂はユーザを失っている。ゲーム人口を拡大するのはPSP」]</ref>
*[[佐伯雅司]](SCEコーポレート・エグゼクティブ)
:[[2004年]]11月 - 「PSPは大人のユーザーが中心になると思われます。'''ニンテンドーDSはお子ちゃま。'''」
*[[フィル・ハリソン]](SCEヨーロッパ)
:[[2005年]]8月 - 「任天堂は技術的な競争から逃げてタッチスクリーンの特異性に向かいました。しかし我々はその'''小細工'''は'''そう長く続かない'''のではないかと心配しています。'''長い間プラットフォームを訴求するのは難しい'''のではないでしょうか」
-->
 
==参考文献==
<references/>
 
==関連項目==
*[[プレイステーション]]
*[[プレイステーション2]]
*[[PSX]]
*[[プレイステーション・ポータブル]](PSP)
*[[プレイステーション3]]
 
==外部リンク==
4,398

回編集

案内メニュー