「スピードキング NEO KOBE 2045」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
→‎グラフィック&サウンド: ちょっと記述変更、sty
m (→‎グラフィック&サウンド: ちょっと記述変更、sty)
 
== グラフィック&サウンド ==
『MR.MACHINE』などの様にギターサウンドを多用したハイスピードなテクノ調の曲が特徴。コナミの[[レトロゲー]]曲のフレーズを用いた曲などもある。<!-- 主観的部分は削除 -->
アーケード版の作曲者は、スナッチャーの作曲も担当した[[泉陸奥彦]]である。家庭用の追加曲は[[山岡晃]]が担当。近未来なテクノといえばコナミではテクノウチこと[[竹ノ内裕治]]であったが、本タイトルでは効果音制作に徹している。
 
アーケード版の作曲者は、スナッチャーの作曲も担当した[[泉陸奥彦]]である。家庭用の追加曲は[[山岡晃]]が担当。[[MSX]]ソフトの時代から多数近未来[[テクノ]]を作曲してえばコナミではた「テクノウチこと[[竹ノ内裕治]]であったが、本タイトルでは効果音制作に徹として参加している。
『MR.MACHINE』などの様にギターサウンドを多用したハイスピードなテクノ調の曲が特徴。コナミの[[レゲー]]曲のフレーズを用いた曲などもある。<!-- 主観的部分は削除 -->
 
===サウンドトラック===
スピードキング/[[対戦ぱずるだま]] オリジナル・ゲーム・サントラが発売されており、コナミベストセレクション'98秋」「[[ギターフリークス]]2nd」「[[ツインビーRPG]]」など多くのアルバムで』にもアレンジバーョン収録されている
 
また『[[ギターフリークス]]2nd』『[[ツインビーRPG]]』などのゲームにはスピードキングの曲をモチーフにしたアレンジバージョンの楽曲が使用されており、これらのサウンドトラックも発売されている。
 
== 家庭用追加要素 ==

案内メニュー