「ガリア人」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
dab AWB
m (dab AWB)
[[ローマ帝国]]の支配に組み込まれたガリア諸部族はローマへの[[同化]]が進み([[ガロ・ローマ文化]])、やがて[[ゲルマン人]]とも混血が進んで、後の[[フランク王国]]・[[フランス]]を形成していった。
 
現代のフランス人([[白人]])は、ガリア人を自分たちの[[ルーツ]]・[[祖先]]として意識している。このため、[[アフリカ]]([[黒人]])・[[アラブ]]の移民系フランス人に対して、フランス出身の白人を「ゴーロワ(Gaulois)」つまり「ガリア人」と呼び分けることがある。また現在でも[[ギリシア語]]ではフランスを「ガリア(Γαλλία)」という。
 
== おもなガリア部族 ==

案内メニュー