「東京中小企業投資育成」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
|従業員数 =
|決算期 =
|主要株主 =地方自治体、金融機関等
|主要子会社 =
|関係する人物 =
|特記事項 =
}}'''東京中小企業投資育成株式会社'''(とうきょうちゅうしょうきぎょうとうしいくせいかぶしきがいしゃ)は、[[1963年|1963]](昭和38)年に中小企業投資育成法によって設立された、[[日本]]で最も歴史のある[[ベンチャーキャピタル]]である。(厳密にはVCでないと言われることもあるが、日本のVCの草分け的存在であることは間違いない)
1986年に民間法人化され、現在では政府の関与は極めて弱い[[特殊会社]]という扱いになっている。
 
[[静岡県]]・[[長野県]]・[[新潟県]]以東の18道県を担当しており、それ以外の地域は姉妹会社である[[大阪中小企業投資育成|大阪]]、[[名古屋中小企業投資育成]]が担当する。
 
投資スタイルは長期保有で、育成を重視している。
ITや半導体、バイオといった成長産業だけでなく、製造業・卸売業・小売業といった成熟業種への投資も多い。
 
歴史ある中小企業には上場を求めず、安定的な配当を期待するという点が民間VCとの最大の違いである。
匿名利用者

案内メニュー