「東方文化学院」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
戦後、各研究所の改組が行なわれ、東京研究所は[[東京大学東洋文化研究所]]に、京都研究所は[[京都大学人文科学研究所]]となった。
 
東京大学東洋文化研究所は、当初、東京研究所の施設をそのまま引き継いで使用したが、一部を外務省が研修所としても利用した。その後、東洋文化研究所が東京大学[[本郷]]キャンパスに移転し、外務省も研修所を郊外に移転したため、土地と建物は民間に売却する予定となった。
 
しかし、建物の文化的価値などから保存運動が始まり、始めは東京大学に購入を要請したがそれは叶わず、近隣にキャンパスを持つ[[拓殖大学]]が購入し、することとなった。現在は、[[拓殖大学国際教育会館]]として利用されている。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者

案内メニュー