「臼杵鑑速」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''臼杵 鑑速'''('''うすき あきすみ'''・'''あきはや'''、[[永正]]17年([[1520年]])? - [[天正]]3年[[5月8日 (旧暦)|5月8日]]([[1575年]][[6月16日]]))は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将。[[大友氏]]の家臣。[[臼杵長景]]の子で、[[臼杵鑑続]]及び[[戸次親家]]後室の弟、[[臼杵鎮続]]、臼杵鎮順の兄。[[臼杵統景]]、女子([[吉弘鎮信]]妻)、女子 ([[宗像氏貞]]妻)の父。初名は鑑景。四郎左衛門尉。越中守。
 
兄同様、外交面で大いに活躍した。[[大友義鎮|大友宗麟]]の[[豊国|豊]]や[[国|豊]]、[[筑後]]、[[肥前]]をはじめとする[[守護]]職の継承や、幕府との交渉、[[毛利氏]]や国人たちとの交渉などは、ほとんどこの鑑速が行なっている。また、毛利氏との合戦にも積極的に従軍して武功を挙げた。
 
[[弘治 (日本)|弘治]]年間より兄の後を受けて[[加判衆]]を務め、また、[[立花道雪]](鑑速の姉が継母として養育した)や[[吉弘鑑理]]とともに大友氏の『三老』にまで列せられた。[[龍造寺隆信]]討伐や毛利軍との戦いには三大将のひとりとなる。彼の生きている間は宗麟の義理の弟である[[田原親賢]]も勝手な振る舞いはできなかった。耳川の大敗後、[[立花道雪]]は筑前国から手紙を送り「臼杵鑑速の死後、大友の政治は無道である」と嘆いている。また江戸期の豊後の三賢人[[三浦梅園]]は「鑑速、[[吉岡長増|吉岡宗歓]]がいればこんな戦いはなかったであろうに」と言っている。<!--鑑速は三国志にたとえれば蜀の[[董允]]にあたるのではないだろうか。-->なお系図には「あきすみ」と書かれている。
匿名利用者

案内メニュー