「サウスパーク」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
;カイル・ブロフロフスキー ( Kyle Broflovski )([[山口勝平]])
: [[ユダヤ]]系の家庭の子供。そのため周囲との文化の違いが見られる部分も多く、ユダヤに関する話題が出た話ではたいてい振り回される役柄。ユダヤ系である事をからかうカートマンとは犬猿の仲であり、頻繁に罵り合っている。緑の帽子を常に被っている。成績優秀で普段は穏やかな性格だが、興奮しやすく暴走行為に走る事もしばしば。特にテレンス&フィリップやMr.ハンキーの事になると誰よりも熱を上げる。序盤は弟のアイクを蹴り飛ばして遊ぶ事もあったが、基本的には可愛がっている。家は裕福で、象をペットとして購入した事もある。歌うシーンは多いが、リズム感が悪く曲に合わせてのダンスは苦手。これは、[[ユダヤ人]]はリズム感が悪いという米俗説による設定である。(後々その設定は消えていった)第4シーズンの第7話「腎臓移植で鼻から牛乳」で[[糖尿病]]である事が判明、重度の腎臓疾患を発症したが、カートマンからほぼ強引に摘出した腎臓を使った移植手術で一命を取り留める。誕生日は5月26日で、血液型はAB型。一人称は僕。たまに俺。
 
;エリック・カートマン ( Eric Theodore Cartman ) ([[LiLiCo]])
: 本名はエリック・セオドア・カートマン。非常に食いしん坊で紛れもなく肥満体型であるが、母の嘘のせいで自分を骨太なだけだと思い込んでいた。しかし後にその言は母自身によって撤回されている<ref>第4シーズン13話『強制ダイエット合宿』</ref>。自己中心的で傲慢、優しさや良心などというものが全くない鬼畜でありほとんどの同級生から嫌われている。そのため馬鹿にされることが多々あるが、自身を馬鹿にするものには徹底的に復讐をするため周りから一目置かれている<ref>第5シーズンの第1話「カートマン・レクターの鬼畜晩餐会」など</ref>。[[ヒトラー]]を敬愛し、嫌いなものは[[ユダヤ]]人、[[民主主義]]、[[ヒッピー]]、貧乏人。というよりひどい差別主義者なのであらゆる被差別階級は全て馬鹿にする。普段のからかい相手は主にカイルで、カイルに屈辱を与える為ならいかなる努力も惜しまない。しかし、からかう相手が居なくなることを恐れてか、あるいは彼自身のゲイっぽさからか過去2度ほどカイルの命を救っている<ref>第10シーズンの第2話及び第11シーズン11話</ref>。ママはサウスパークの成人男性ほとんどと関係をもつ「ビッチ(''bitch''、[[あばずれ]]女の意)」であり、彼自身よく口にする「サノバビッチ(''son of a bitch''、直訳で「売女の息子」)」を地で行く。なお、ママは第2シーズンで男性器のみが機能している[[両性具有]]者と判明、その為カートマンのママは実際は「パパ」である。本当の母親は不明。普段はおくびにも出さないが、片親しかいない自分の家庭環境に密かに悩みを抱えており、たまに情緒不安定になって自宅の裏庭や地下室で妙な行動をとることがある。[[マザコン]]であり、母を馬鹿にされると激昂する場面も見られる。金儲け等の自分の得になる話に関しては鋭く、しばしば類まれなカリスマ性とリーダーシップを発揮し、仲間や大人達を扇動することがある。第6シーズンの第16話では将来自分で設立した会社のCEOになる可能性があることが分かる。猫のキティとミニ豚のフラッフィーを飼っている。誕生日は7月1日で、血液型はAB型。相手を茶化す時に「はははははーはーにゃにゃにゃにゃにゃーにゃ」というフレーズをその時々に歌詞を付けて歌う事があり、また自分に何かしらの不利なことがあると「無ー視、無ー視、お疲れ様でしたー」(Screw you guys, I'm going home!)といって立ち去る。一人称はおいら。たまに俺。最近のエピソードは彼が主人公またはになる話が多く、四人中でもかなり目立っている。
 
;ケニー・マコーミック( Kenneth "Kenny" McCormick )([[小形満]])
;ピップ・ピリップ( Philip "Pip" Pirrip ) ([[小形満]])
: 本名はフィリップ・ピリップ。ハンチングと蝶ネクタイが印象的な、[[コックニー]]のイギリス人少年。野球場で定番の[[ホットドッグ]]と[[コーラ]]を注文せず、紅茶と[[スコーン]]を注文しようとして顰蹙を買ったことも。その[[コックニー]]訛りと極端な[[イギリス]]指向のためかよくいじめられるが、[[ドッヂボール]]では中国代表選手を相手に一人で活躍した。カートマンは彼を「[[フランス]]人」と呼ぶが、カートマンにはフランス人と[[イングランド]]人の区別がついていないようである(これは、アメリカの田舎者にとって、英仏ともに「気取った国」という印象において同一だからとされる)。英仏の微妙な関係を反映したキャラクターでもあり、「フランス人」と煽られると逆上する。両親は死去している。
サタンの息子(初期設定)ダミアンと仲良くなった(?)ことがあるが裏切られた。
 
;ベーベ・スティーブンス( Barbara "Bebe" Stevens ) ([[すずき紀子]])
: 本名はバーバラ・スティーブンス。ウェンディの友達の女の子。他の女子よりも体の成長が早く、男子に人気になったことがある(しかし女子には嫌われた)。最初はカイルのことが好きだったが、後にクライドに乗り換えた。
 
;ケビン( kevin ) ([[すずき紀子]])
本名不明。両親が中国人らしいが、後に登場した両親はアメリカ人の顔だった。(どうやら設定が変わったらしい)
 
=== 小学校の先生達 ===
;ギャリソン先生( Mr. Herbert Garrison/Mrs. Janet Garrison ) ([[田口トモロヲ]])
: サウスパーク小学校の教師。カートマン以上の差別主義者。芸能界の疑惑に関する話題を生徒に話すことが多く、まともな授業はほとんど行わない。[[性同一性障害]]であり、そのせいで一時失職し、幼稚園クラスの教師になるが、チョクソンディック先生の死後に復職。子供の頃に父親から性的いたずらを'''されなかった'''事が原因で、「自分は父から愛されていなかった」という思い込みを抱いている。(現在は一応和解した)第9シーズン第1話[[:en:Mr. Garrison's Fancy New Vagina|Mr. Garrison's Fancy New Vagina]]で、[[性転換手術]]を受けミセス・ギャリソンと名乗りはじめる(独身ではあるが)。第11シーズンでレズビアンになる。左利き。
 
;シェフ( Jerome "Chef" McElroy ) ([[ブラザー・コーン|KORN]])
 
;チョクソンディック先生( Ms. Diane Choksondik ) ([[乃村健次]])
: 故人。第4シーズンから登場する担任。女性教師だが[[オールドミス]]で斜視でブサイクで地面につくほどの垂れ乳の持ち主。その垂れ乳は子猫に大人気である。学生時代アメフト部のキャプテンと3日間だけ付き合ったことがあるが、実は相手から見れば罰ゲームとして付き合っているだけだった。そのため異性やセックスに対して強い嫌悪感を持っていたが、紆余曲折を経てマッケイ先生と付き合うようになる。第6シーズンにレイプされたあげく惨殺されるが、生徒たちはそれを喜んだ。
 
;スレイブ君( Mr. Slave ) ([[乃村健次]])
: 第6シーズンで復職したギャリソン先生が連れてきたゲイのパートナーで担任補佐。初回はギャリソン先生がゲイを理由に解雇されることで多額の賠償金をせしめようとする作戦のために連れてきたがその後は担任補佐として学校で働いていた。生まれついての変態である(本人談)。ギャリソン先生との行為によって体内には様々な動物の死骸がある(ツバメ・魚・カエル・ネズミ)。第8シーズンではパリス・ヒルトンとの真の変態決定戦において彼女を自らの体内に押し込んだ。第9シーズンでギャリソン先生が性転換したことにショックを受け別居、その後ビック・ゲイ・アルと結婚する。
ちなみにスレイブとは[[奴隷]]という意味である。(正しく肉奴隷である彼にふさわしい)
 
;クラブツリーさん( Mrs. Veronica Crabtree ) ([[すずき紀子]])
: 故人。サウスパーク小学校の送迎バスの運転手で自他共に認めるビッチ。生徒を拾う際には「早く乗って!」と恫喝する。しかし、あくまで強制ではないため拒否するとすぐに発進してしまう。車内の騒音に厳しく生徒が騒ぐと常に怒鳴る(シェフなど引率の先生に対しても同様)。それでも騒ぎが収まらないときは座席に収容してあるウサギを使って(ウサギに拳銃を突きつけて)黙らせる。ただしこの行為は彼女本人の意志ではなくバス運転手マニュアルに乗っ取って行っていることである。生徒の夢の中で芸人として活動していた。第8シーズン途中で出番の少なさを理由に連続殺人犯に惨殺された。
=== 子供たちの家族 ===
;ランディ・マーシュ
 
;バーブラディ巡査( Officer Barbrady ) ([[乃村健次]])
: サウスパークの治安を守る唯一の警官(初期シリーズで何回か「保安官」と吹き替えている回もあるが、格好から考えると「警官」が正しいと思われる)。だが実は読み書きが出来ず、スタンたちと同じクラスで再教育を受けされられる。頭が相当弱いが、彼がどうして警官に採用されたのかは不明である。警官としての行為もかなり無茶苦茶である。市長と怪しい関係にある。既婚者らしい
 
;イエス・キリスト( Jesus ) ([[リリー・フランキー]]・第3シーズン~[[中田雅之]])
* 第4シーズン・第11話 [[w:Probably (South Park)|Probably]]
* 第6シーズン・第12話 [[w:A Ladder to Heaven|A Ladder to Heaven]]
* 第7シーズン・第2話  [[w:Krazy Kripples|Krazy Kripples]](世界征服クラブ)放送直前に放送中止になったため日本語吹き替え版があるという噂がある。
 
第7シーズンまでは、日本語吹き替え版がCSにて放送済みである。
匿名利用者

案内メニュー