「礼拝堂」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
リンク先項目名変更に伴う修正
(リンク先項目名変更に伴う修正)
*上記礼拝空間を確保することを主たる目的とする建築物。
 
カトリックや東方[[正教会]]など[[聖人]]の概念をもつ教派では、礼拝堂は聖堂の捧げられた聖人等とは別に、聖人や何かの出来事を記憶し、その名で呼ばれるのが基本である。これに対し、プロテスタントでは大小や数で呼び分けることが多い。ただしカトリック等でも、慣習として、設置者の名前やその礼拝堂が付属している建物の名前で呼ばれることは珍しくない。たとえば[[システィーナ礼拝堂]]は、発願者の教皇[[シクストゥス4世 (ローマ教皇)|シクストゥス4世]]にちなんだ名で呼ばれている。
 
==概要==
礼拝堂のタイプとして主要なものを以下に挙げる。
*[[カトリック]]や[[東方正教会]]などの[[大聖堂]]では、大聖堂の内陣や側廊あるいは敷地内などに礼拝堂を設置することが一般に行われる。
*さらにカトリックでは大聖堂に聖母に捧げられた礼拝堂が置かれることが普通である。
*カトリックの[[司教]]は自宅や滞在先に礼拝堂をもつことが許される。
 
==教会外礼拝施設==
礼拝堂は、公共施設、集会場、個人宅などにも置かれることがある。英米系の宣教師が伝えた教派では、このタイプの礼拝堂を指してとくに[[チャペル]]とも呼ぶ(チャペルは元来礼拝堂一般を意味する英語である)。この意味での礼拝堂を設置するには、カトリックや東方正教会では、教会の許可を得る必要があり、さらに[[ミサ]]等を行う許可は建設の許可とさらに別途に教会より得なければならない。
 
礼拝堂付きの司祭や牧師(チャプレン)が置かれることもある。とりわけ病院・軍隊・港湾設備や空港などの公共施設の礼拝堂では常駐することが多い。
15,175

回編集

案内メニュー