コンテンツにスキップ

「夜叉堂」の版間の差分

夜叉ヶ池伝説を簡略。
m (個人の電話番号を外す)
(夜叉ヶ池伝説を簡略。)
[[817年]]([[弘仁]]8年)、安八太夫安次が、龍神と龍神に嫁いだ娘の夜叉姫を祀る祠を、自宅内に建立したのが始まりという。
 
[[1927年]](昭和2年)、安八太夫安の子孫、石原家(戸主は代々、石原伝兵衛を名乗る)により、'''夜叉堂'''として整備される。また、境内に[[観世音菩薩|夜叉姫観音]]を祀る。
 
== 夜叉ヶ池の伝説 ==
詳しくは[[夜叉ヶ池]]を参照。
[[817年]]([[弘仁]]8年)、[[延暦寺]]の[[荘園]]である[[美濃国]]平野庄(現、岐阜県安八郡神戸町)は大かんばつに見舞われた。ある日、郡司の安八太夫安次は、草むらの小さな蛇にため息まじりで、「小蛇よ、もしそなたが雨を降らせてくれたなら、私の娘をやろう。」と語りかけた。
 
[[817年]]([[弘仁]]8年)、[[延暦寺]]の[[荘園]]である[[美濃国]]平野庄(現、岐阜県安八郡神戸町)は大かんばつに見舞われた。ある日この時、郡司の安八太夫安次は、草むらのが道端にいた小さな蛇にため息まじりで、「小蛇よ、もしそなたが雨を降らてくれたなら、私の我が娘をやろう。」と語りかけという
その夜、安次の夢枕に小蛇が現れ、「私は[[揖斐川]]上流に住む龍神だ。その願いをかなえよう」と語った。すると、たちまちのうちに雨雲がかかって大雨が降り、作物は生き返り村は救われた。
 
この小蛇は揖斐川の上流に住む龍神であり、安次の夢枕に「その願いをかなえよう。」と告げ、その夜、大雨を降らせた。
翌日、約束どおり娘をもらう為、小蛇(=龍神)は若者の姿に変えて安次の前に現れた。安次には3人の娘がいたのだが、安次が娘たちに事情を話すと、一番心がやさしい次女(三女の説もある)が、「村人を救っていただいたからには、喜んでいきます。織りかけの麻布がありますから、これを嫁入り道具にいたします。」と、龍神の元へ嫁ぐことになった。こうして娘は麻布で身をまとい、若者(=龍神)と共に揖斐川の上流へ向かっていった。
 
翌日、約束どおり娘をもらう為、小蛇(=龍神は若者の姿に変えて安次の前に現れた。安次には3人の娘がいたのだが、安次が娘たちに事情を話すと、一番心がやさしい次女(三女の説もある)が、「村人を救っていただいたからには、喜んでいきます。織りかけの麻布がありますから、これを入り道具にいたします。」と、龍神の元へ嫁ぐことになった。こうして娘は麻布で身をまとい、若者(=龍神)ともに揖斐川上流へ向かったとった
数日後、安八太夫安次は娘に会う為に、揖斐川上流へ向かった。やがて、揖斐川上流のさらに山奥の[[越前国]](現[[福井県]])との境にある池に龍神が住むという話を聞き、その池にたどり着いた。安次は池に向かい、「我が娘よ、今一度父に姿を見せておくれ。」と叫んだ。すると、静かだった池の水面が波立ち、巨大な龍が現れた。龍は、「父上、これがあなたの娘の姿です。もうこの姿になったには人の前に現れる事はできません。」と告げ、池の中に消えていった。
 
安次は龍となった娘を祭る為に、池のほとりと自宅に、龍神を祭る祠を建てたという。
 
この娘の名を“夜叉”といい、池の名を娘の名より'''“夜叉ヶ池”'''と名づけたという。(娘の名は不明で、後から池の名から“夜叉”とおくられたとの説もある)
 
== 所在地 ==