「メッサリナ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(画像追加)
父は[[マルクス・ウァレリウス・メッサッラ・バルバトゥス]]、母は[[ドミティア・レピダ]]、彼等の一人娘として生まれた。母方の祖母は[[大アントニア]]となる。家系としては父方、母方ともに由緒のある家系であったが、それ以外の事はよく分かってはいない。
 
[[38年]]にクラウディウスと結婚する。この結婚は当初からかなりの年齢差があり、クラウディウスは40代後半、メッサリナは20歳にもなっていなかった。結婚に至るまでの事情については、あまりよくは分かってはいない。ただ彼女はとても裕福で、カリグラの周囲でとても目立っていたという事だけは分かっており、またカリグラはクラウディウスにとって甥であったので、恐らくは先代の皇帝との関連を強めるためにもメッサリナとの結婚は必要であったのだろうと思われる。この結婚で2人の子供が生まれる。姉の[[ィア#・オウスの娘|オクタウィア]]と弟の[[ブリタンニクス]]の姉弟である。
 
===皇妃として===
 
==関連項目==
 
* [[ユリウス・クラウディウス朝]]
* [[クラウディウス]]:夫
* [[ブリタンニクス]]:息子
 
{{Commonscat|Messalina}}
 
[[category:古代ローマ皇后|めつさりな]]
[[category:ユリウス・クラウディウス朝の人物|めつさりな]]
[[category:ウァレリウス氏族|めつさりな]]
15,397

回編集

案内メニュー