コンテンツにスキップ

「魔法陣グルグルの登場人物」の版間の差分

== 主人公 ==
;ニケ([[声優|声]]:1作目、劇場版[[瀧本富士子]]、2作目[[南央美]])
:*主人公。グルグル暦1298年[[10月21日]]生まれの[[O型]]。冒険開始当時13歳。父であり、勇者マニア父、バドに無理やり[[魔法陣グルグル#職業|勇者]]として仕立て上げられ無理やり旅立たされる。職業は[[魔法陣グルグル#職業|盗賊]]。ククリから「勇者様」と呼ばれる。他の人からも「勇者」の肩書きで呼ばれることが多く、本名の「ニケ」と呼んでくれる人は作中でもごく一部の身内しかいない。(これは[[ドラゴンクエストシリーズ|ドラゴンクエスト]]など代表的RPGの世界観に対する作者の皮肉と思われる。<!--ある意味苦言を呈したこの台詞は、ファンの間では有名である-->)(※(※「ある意味」「ファンの間では有名」といった個人の主観、あいまいな表現は避けるように。)-->
:*女の子に弱く、調子に乗りやすい。その軟派な性格から何度もククリをやきもきさせるが、「ククリを守る」という旨の台詞をピンチの時に発し、毎回ククリを勇気付けている。またククリに対する本心やその内面は、年相応な少年らしいところがある。他には、人の話を聞き違え、誤って解釈することが多い。
:*序盤こそ何の能力も持っていないただの少年であったため、一言でいえば「弱かった」のだが、上記の後述するキラキラと「勇者の拳」と呼ばれる専用装備を身につけてからは、むらはあるものの驚異的な強さを発揮する。
:*光魔法の最高峰である「キラキラ」(自然界のあらゆるエネルギーを[[剣]]の形に変えて取り出す魔法)を使う。職業が盗賊であるため剣はあまり得意ではないが、光魔法の剣ならば重量も無いため、「非力」という短所を補うことになる。自分自身のエネルギーを使った「自分の剣」をはじめ、[[火]]の剣、[[地]]の剣、[[水]]の剣、[[風]]の剣をだんだんと使いこなし、上手く応用して困難を切り抜ける。
:*また中盤から光魔法「カッコいいポーズ」を覚える。学ぶ期間が短かったために最初は不完全な技だったが、実戦を重ねるうちに技に磨きがかかり、次第にただ失態を誤魔化したい時や目立ちたいだけの時にも気軽にこの技を使用するようになった。この「カッコいいポーズ」を使用している際の外見は普段に比べ著しく大人らしく見える。またそれ以外でも特に第1期アニメ版で「シリアス顔」と称して大人らしい外見となることがしばしば見られた(特に第7話で多く見られた)。ちなみに公式設定身長は118cmであるが、この時の身長は推計170cm程に見える。
:*レイドには[[コードネーム]]「'''ラッキースター'''」(「爆弾(『ピンクボム』ことククリのこと)」を手に入れた「幸運の星」という意味らしい)と呼ばれている。またグルグル世界での公式な記録では、ニケとリリックの手違いから「'''勇者ああああ'''」という名で伝わっている。ギリ封印後はククリの想いを受け入れてパーティーを組み続けた(外伝でギリ封印後から1年後のニケ、ククリが描かれており、レベルもかなり上がっている)
;*ギリ封印後はククリの想いを受け入れてパーティーを組み続けた(外伝でギリ封印後から1年後のニケ、ククリが描かれており、レベルもかなり上がっている)。
 
;ククリ(声:吉田古奈美 現・[[吉田小南美]]))
:*[[ヒロイン]]。グルグル暦1299年[[3月16日]]生まれの[[B型]]。長いみつあみが特徴。冒険開始当時12歳。ミグミグ族の末裔で、この世にただ1人残った'''グルグル使い'''。「ミグミグ族の生き残り」と名乗る男がグルグルの経典と赤ん坊のククリを連れてジミナ村の魔法オババのもとへ訪れ、魔法オババに「グルグル」の力を多くの悪人が狙っているので村に隠して欲しいと預けられたため、誰にも知られないよう育てられた。特技は踊りと料理(アニメや原作の外伝では料理は苦手だというふうに描かれている)
:*「ミグミグ族の生き残り」と名乗る男がグルグルの経典と赤ん坊のククリを連れてジミナ村の魔法オババのもとへ訪れ、『「グルグル」の力を多くの悪人が狙っているので村に隠して欲しい』と頼んだのが事の始まり。「極秘の魔法兵器」として、その存在は同じ村の者にさえ知られぬよう秘匿され、友人の1人も作れないまま魔法オババと2人きりで12才まで育てられた。特技は踊りと料理(アニメや原作の外伝では料理は苦手だというふうに描かれている)。
:*その性格は天真爛漫そのものであり、過激な言動をしたと思えば些細なことで泣き出したりするが、世間知らずな点を除けば基本的にごく普通の少女に過ぎない。そんな彼女だからこそ世界を救うという使命は言葉以上に重いものであり、物心ついた頃から両親がこの世にいない、という状況も彼女の心を苦しめていたと見られる。だからこそ、時に調子に乗り過ぎるニケという存在には大いに救われている。
:*魔法オババの家で読んでいた「勇者物語」という本の影響もあってか、「勇者」という存在に対して過剰なまでに憧れを抱いていた。そのため、冒険開始当初こそ「勇者だから」とニケに好意を抱いているに過ぎなかったが、次第に「勇者として」ではなく、「一人の男の子として」、ニケに真剣に愛情を抱くようになる。
:*旅の序盤はグルグルをうまく使いこなせずに失敗を繰り返すが、ニケへの想いを膨らませていくにつれ[[魔法陣]]の種類、魔力共に増えていく。グルグルとは「ハートの魔法」であり、いうなれば愛する人への想いの力がそのまま魔法となって現れる。序盤こそ過去にミグミグ族が残したグルグルを使用していたが、中盤以降からはオリジナルの魔法陣を編み出すようになるが、役たたずの魔法も作っていた。
匿名利用者