「ビートルズ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
→‎メンバーと基本パート: デビュー後に脱退したと誤解をあたえる。他の項目に二人は紹介されているので削除します。
(→‎メンバーと基本パート: デビュー後に脱退したと誤解をあたえる。他の項目に二人は紹介されているので削除します。)
* '''[[ジョージ・ハリスン]]''' (George Harrison, MBE) ([[1943年]][[2月24日]] - [[2001年]][[11月29日]])([[リードギター]])
* '''[[リンゴ・スター]]'''(Ringo Starr- 本名 Richard Starkey, MBE )([[1940年]][[7月7日]] -)([[ドラムセット|ドラムス]])
 
 
旧メンバー("ザ・ビートルズ"として活動したメンバー)
*'''[[スチュアート・サトクリフ]]'''(Stuart Fergusson Victor Sutcliffe)([[1940年]][[6月23日]] - [[1962年]][[4月10日]])
*'''[[ピート・ベスト]]'''(Randolph Peter Best)([[1941年]][[11月24日]] - )
 
=== 担当楽器 ===
メンバー全員が作詞作曲をし、[[ボーカル]]、[[コーラス (ポピュラー音楽)|コーラス]]も担当する。リードボーカルはジョンまたはポール、あるいは2人一緒にとることが多いが、自作曲を中心にジョージも、またリンゴもリードボーカルをとる。
 
多くのヒット曲をはじめ、オリジナル曲の8割以上の作詞作曲はジョンとポールの共作としてクレジットされている。これはビートルズ結成当初から、2人の友情の証として、どちらか一方が作った曲でも(たとえ単独で作ったとしても)「レノン=マッカートニー」と連名にする約が2人の間で取り交わされていたからである。このことは後のいくつかの法的争いの元凶ともなる。この約束をジョンは比較的律儀に守っており、[[1969年]]にジョンが[[プラスティック・オノ・バンド]]名義で発表した『GIVE PEACE A CHANCE(平和を我等に)』の作詞作曲も「レノン=マッカートニー」とクレジットされている。
 
レノン=マッカートニー作品以外のビートルズの公式発表曲(オリジナル曲)には、ジョージの作品が20数曲、リンゴの作品が2曲、レノン=マッカートニーとリンゴとの共作が1曲、全員の共作1曲が含まれている。『ビートルズ・アンソロジー』のシリーズには、ジョンとジョージとの共作のパターンも、例外的に存在する。<ref>ただし本編では、担当楽器やボーカルパートなど必要性の認められる場合に限り、公的や法的に「レノン=マッカートニー」名義であっても、「ジョン作」「ポール作」等の表記をする。しかし歌詞や一部メロディーなど、どちらかが作曲段階や録音段階でサポートしている場合もあり、バンドに特有な、単なるアドバイスや共作やアレンジの境目が曖昧な曲も多いため、あくまで「原作」や「主な作曲者」程度の意味合いの曲もある。</ref>
匿名利用者

案内メニュー