コンテンツにスキップ

「不飽和結合」の版間の差分

アレンの記述を アレン (化学) に分割
({{記事分割|アレン (化学)}})
(アレンの記述を アレン (化学) に分割)
{{記事分割|アレン (化学)}}
'''不飽和結合'''(ふほうわけつごう、unsaturated bonds)とは、隣接する原子間で2価以上で結合している化学結合であり、1つの[[σ結合]]と1つないしは2つの[[π結合]]から形成されている。不飽和結合を持つ化合物を'''不飽和(化合物)'''と呼ぶ、ただし、[[錯体]]においては18電子則を満たさないものを不飽和(化合物)であると言う。
 
== クムレン ==
'''クムレン'''([[w:en:cumulene|cumulene]])とは二つ以上の連続した二重結合からなる炭素骨格の総称で、一般に&gt;C=(C)<sub>n</sub>=C&lt;の構造式で表される。最も単純なクムレンが'''アレン'''である。
=== アレン ===
'''アレン'''(あれん、[[w:en:Allene|allene]])は最も単純なクムレンでCH<sub>2</sub>=C=CH<sub>2</sub>の構造式を持つ。
 
高い反応性を持ち[[環化反応]]、[[付加反応]]を起こす。
 
両端の[[炭素]]原子はsp<sup>2</sup>[[混成軌道]]、中心の炭素原子はsp混成軌道をとっていると考えられる。<br />
<gallery>
画像:Chiral sym CCCXYXY.svg|アレン誘導体
</gallery>
この軌道の相関により両端のメチレン基は、互いに直交する平面内に存在する。そのため同一のsp<sup>2</sup>炭素上の置換基が異なることで[[キラリティー]]をもつ。このように[[不斉炭素原子]]がないにもかかわらず、軸上のねじれによって誘起されたキラリティーを[[軸不斉]]と呼び、もちろん一対の[[光学異性体]]に分割できる。これはアレンが合成される数十年前に[[ユストゥス・フォン・リービッヒ|リ-ビッヒ]]が予言していた。詳しくは[[キラリティー]]の項を参照
 
 
== アヌレン ==
[[en:Unsaturated compound]]
[[vi:Hợp chất không no]]
 
 
<!--以下すべて、アレンの記事。記事分割用にコメントアウトとして保存。
Caution! This article [[:ja:不飽和結合]] is not for allene (1,2-propadiene), but for general unsaturate bondings. Please do not interlink from the articles of allenes in other languages. Thanks.
 
[[ar:ألين]]
[[de:Propadien]]
[[en:Allene]]
[[fr:Allène]]
[[it:Annuleni]]
[[la:Propa-1,2-dienum]]
[[lv:Allēns]]
[[nl:Alleen (scheikunde)]]
[[pl:Alleny]]
[[sv:Allen]]
-->
24,969

回編集