「ドルト信仰基準」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
 
'''ドルト信仰基準'''は、[[オランダ改革派]]出身の[[ヤーコブス・アルミニウス]]の死後、1610年に、彼の支持者たちが、自分たちの信条を定めた『建白書』(Remonstrantie)を提出、[[アルミニウス主義]]の認可を政府に求めたために、1618年に[[ドルト教会会議]]がもたれて、その際に決められた信仰基準。この会議では、アルミニウス主義は公式に認められなかった。その基準は、[[長老派]]、[[改革派]]といった[[カルヴァン主義]]の特徴を五つの特質として明確にしたことで神学史上大きな意味がある。
ドルト信仰基準の特徴として、
 
(1)全的堕落(Total depravity);[[堕落]]後の人間はすべて全的に腐敗しており、自らの意志で神に仕えることを選び取れない。
 
(2)無条件的選び(Unconditional election);神は無条件に特定の人間を救いに、特定の人間を破滅に選んでいる。
匿名利用者

案内メニュー