「北帰行」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
昭和36年(1961年)、この歌は[[コロムビアミュージックエンタテインメント|日本コロムビア]]のプロデューサや小林旭に見い出され、同社からレコード化されて大ヒットした。(この際 作者捜しが行われ、当時TBS社員だった宇田の名乗り出 および 旅順高校時代の友人が持っていた宇田直筆の歌詞から、作者が確定したという。)歌のヒットにより、小林が主演する映画 『渡り鳥シリーズ』([[日活]])の昭和37年([[1962年]])正月封切り版『北帰行より 渡り鳥北へ帰る』の主題歌となった。
 
なお旅順高等学校関係者によれば、この歌は自由への解放を歌い上げたものであり、単なる流浪の歌として理解されるべきではないとされるが、これは歌詞を五番まで全て歌った場合のものであるといえる。
 
==関連項目==
385

回編集

案内メニュー